SNSでは強気? ネット上で悪口ばかり書き込む人の心理

今ではいろいろなサイトにコメントや意見、レビューを書き込むことが可能です。でもなかには、辛らつな言葉や誹謗中傷すれすれの書き込みを見かけることも少なくありません。でも、なぜネット上には悪口が溢れるのでしょうか? 実はみんな心に闇を抱えているの?

匿名=透明人間


書き込みをする際、実名を名乗る人はなかなかいません。実名を名乗ることがもし強制であれば、人はそこまでひどいことは書かないもの。したがって匿名だからこそ、言いたいことが言えてしまうのです。責任を追及されることもありませんし、矛盾を突かれることも罪悪感もありません。どこの誰だかわからないというのは、まるで実態が見えない透明人間なのです。もしもあなたが透明人間になれたら、何をしたいですか? たいていの人は普段ではしたくてもできない、ちょっと悪いことを挙げるはずです。それくらい、自分の正体がバレないという状態は、人を悪のほうへと誘うものなんですね。

現実世界での憂さ晴らし


現実世界では思い通りにならないことが多く、理不尽な場面にも山ほど遭遇しますよね。面と向かって言ってもギクシャクするだけだし、言いたいことを飲み込んでしまう人だっているはず。そんなときに自分の正体を隠せば、言いたいことが気楽に言えます。ネット上に不満を書き込むことで憂さ晴らしをする人の場合、誰かの立ち上げた掲示板やサイトだったら、サイトの主さんは落ち込んでしまうかもしれません。でも、書き込むほうはそれよりも自分のストレス発散が先。こんなエゴもまかり通ってしまうのが、匿名で書き込めるインターネットの世界なのです。

自己顕示欲の表れ


Q&Aサイトなどを見ていると、純粋に、相談者さんの悩みに一役買いたいという人がいる反面、自分の能力や知識のひけらかしを感じさせる人もいます。これはおそらく書きかたの問題もあると思いますが、「そんなことも知らないの?」という体裁で書き込んでいる人などは、コンプレックスの塊なのかな、と感じます。とうとうと自分の知識を書き込んで「これくらい知っていて当然」と、専門用語で説明するなど、不親切極まりありません。

関連記事