手を出さないのは脈アリの証拠? 一緒にいても何もしてこない男の本音

最近、ある女子からこんなお悩みを聞いた。

「すごく気になる彼がいるんだけど、その彼は二人きりになっても何もしてこない! この前なんて飲み会ですごく酔っぱらっちゃって……それで彼の家に泊まったの。でも『大丈夫?』とか『水飲みなよ』とか介抱してくれるだけで、結局なにもナシ。コレってもう女としては見られてない、脈ナシ! ってことですよね?」(20代・企画)

……この彼女に限らず、男性の「気持ちさえあれば動ける状況なのに手出ししてこない問題」は女にとって重要である。こっちはウエルカムなのに向こうはそれを知ってか知らずか知らん顔。
周囲の女友達に相談を持ちかけても、「あなたを大事だから手を出してこないんだよ!」派と「そりゃー気がないね、諦めなよ」派のまっぷたつに意見が別れ、混乱するだけ……なんてパターンも多いハズ。

今回は男性当人に意見を聞いてみたので、ぜひ「あなたなりの結論」を出してみてほしい。

大切だから手出しはしない!


・「遊びだって割り切れる関係ならともかく、ほんとに好きな女性にはみだりに手出しなんてできないっす。だって嫌われたくないもの! むしろ二人っきりになったら、俺なんて固まっちゃう。彼女の方から『好きにしていいよ』って言ってくれたら話は別だけど(笑)」(20代・経理)

・「付き合ってもないのにガツガツ行く男って、男の目から見てもまるで信用できない。どうせちょっとチャンスのある女の子になら全員に同じことしてるのに、女の子って『こんなに積極的なのは私のこと好きだからだよね!』な~んて勘違いしちゃうんだよね。男は本気の女性にはまず“拒まれたらどうしよう”って考える。簡単に手を出せるのは後先考えないときだけ」(30代・情報)

――手出しされない女子がつい信じたくなる男性側の意見がコチラではないだろうか(笑)。女子の願望はともかく、「嫌われるかもしれないようなことはしたくない」「断られるのは怖い」「もう二度と会えなくなるようなマネはできない」……ということだ。男性は女性が思っているよりもずっとナイーブなもの。「好かれたい」よりも相手に「嫌われたくない!」という思いが強いとき、男はいくらチャンスがあろうが不埒な行為などできなくなるものなのだ。

EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ