隠したつもりが逆に不自然! コンプレックスを逆手にとってモテる方法

誰しも、何かしらのコンプレックスを抱えていると思います。そしてきっと、それをなるべく隠そうとしているのではないでしょうか。でも隠そうとすればするほど不自然さが際立ち、周囲からバレバレだったり……。それよりも見せてしまったほうが、結果的にはスムーズにことが運ぶというのをご存知ですか? だってあなたが隠すから、周りも見ないように気を使っているだけで、みんな本当は気づいています。意識すればするほど強調するという悪循環なんですよね。コンプレックスとうまく向き合っていく方法をご紹介します。

隠せば隠すほど緊張させる


あなたがコンプレックスを隠せば隠すほど、周りはそんなあなたを傷つけまいと緊張します。例えば、歯並びが悪いことをあなたが気にしていたとしますよね? すると、歯が見えることを怖がってハキハキ話せなかったり、不自然な笑顔になってしまうかもしれません。あなたはさりげなく隠しているつもりでも、向き合っている人から見れば、表情からして不自然に見えているのです。でも、「なんか表情が不自然だよね」などとは、誰も言いません。さらに何があなたの琴線に触れるかわかりませんから、言葉に気を使ったり、慎重に言葉を選ぼうとして言いたいことが言えなくなってしまうのです。会話そのものが、お互いのストレスになってしまいそうです。

コンプレックスを理由にしがち


自分ひとりで悩みを抱えていると、何かがうまくいかなかったとき、コンプレックスを理由に正当化してしまいがち。片思いがうまくいかないのも、彼氏にフラれたのも、「私の歯並びのせいだわ」と決めつけます。「だから私は恋なんてしないほうがいいの」と、あきらめてしまうのです。でも、果たしてそうでしょうか? 世の中の不幸を一身に背負っているように思っているかもしれませんが、みんな大なり小なりコンプレックスは抱えていますよ。それでも恋は成就しているし、交際が長続きして結婚へ至る人だっています。

カミングアウトしてしまうと、あなたも周りもスッキリ


関連記事