おしゃれは苦手という女子が実践すべきコーデのコツ3つ

こんにちは、ヤマグチユキコです。今年の夏コミに行ったときのこと。筆者の前を、キャリーバッグをガラガラと転がしながら、カバンにキャラクターグッズをぶら下げて歩いていたオタク女子2人が、こんな会話をしておりました。

「もうこの時期とか、なに着れば良いんだかわからん!」
「いや、マジでわかんない。服とか2年くらい買ってない」
「それはさすがにやばい! っていうか毎日制服で良いんだけど」
「っていうか、レン様みたいな彼氏欲しい(以下、恋愛の話)」

巷には「ファッションなんて苦手だ! 面倒くさい!」と叫びたいオタク女子もいるかと思います。その気持ち、わかります。もう毎日なんかしらのユニフォームを与えてくれた方が楽ですよね。スティーブ・ジョブズもいつも同じ格好をしていたんだから、みんなそれで良いじゃないか、と思ってしまいます。

しかし! 私たちはジョブズではない! とくにこのオタク女子たちは「彼氏が欲しい」と言っているわけでして、「モテる」ためにはちょっと解決策を考えた方がよさそうです。余計なお世話だとは重々承知しておりますが、ひとまず先に進みます。というわけで、今回はファッション苦手オタク女子の打開策を考えてみましょう。

1. 同系色を3色までに抑える


まず気をつけたいのが配色の問題です。筆者も日頃からオタク女子との絡みがある方なのですが、なぜかみんな、全体的に「真っ黒」か「カラフルすぎる」という両極端な傾向があるように思います。

カラフルすぎる、といっても原色を沢山組み合わせてギラギラさせているというより、むしろアースカラーを5色も6色も混ぜて着ている印象。こういう風に色を無駄に増やしてしまうと、全体としてちぐはぐな感じが出てしまいますよね。

なので、「暖色系」か「寒色系」か。あるいは、「同じような明るさ」などの共通性がある色のなかから、ベースになる「白、グレー、黒」といった色にうまくポイントで合わせるようにしましょう!

2. 自分にあったサイズを選ぶ


EDITOR

ヤマグチユキコ

20代女子WEBライター。趣味はヨガと将棋と杏仁豆腐作りです!

関連記事

今、あなたにオススメ