食事デートでわかる! 男女共通「この人ムリだ」とドン引きされる振る舞い3選【イラスト】

「恋愛対象としてイイ感じ」と思った異性とは、まず先に何をしますか? 会話ですよね。じゃあ次は? え!? セックス!? ダメですよ、早いですよ! 会話をしただけで「この人が好きだ!」と決めてベッドインしてしまうのは愚の骨頂。人間は良くも悪くも嘘をつく生き物です。異性に対しては特にそうで、セックスがしたいとか金が目当てだとか、邪悪な考えがあればあるほど「相手に魅力的に映るような嘘」をつくものです。

では、嘘にだまされることなく相手を判断する、最適かつ基本中の基本の手段とは?
――そう、「食事」です。食事デートをすれば、言葉では偽れない「本当の相手の姿」が浮き彫りになります。

ということで、今回は異性から「こんな振る舞いをする奴はだいたいこういう奴だからドン引きするし百年の恋も冷める」と思われてしまう、食事デートでの最悪行動をご紹介しましょう。
食事デートをすれば、言葉では偽れない「本当の相手の姿」が浮き彫りに
食事デートをすれば、言葉では偽れない「本当の相手の姿」が浮き彫りに

1.幼少期に親や学校の先生から教わったはずの「基本的なマナー」が身についていない


「基本的なマナー」という、非常に曖昧なくくりにしてしまいましたが、「あー、ムリ」と思われる可能性が高いものは以下の3つ。

1.「いただきます」を言わない


「お金を払ってるから『いただきます』じゃなくて、むしろ『いただいてます』だよね」じゃねーよボケ。「命をいただいている、その命が私たちの『命』になります。ありがとうございます」って意味の「いただきます」だ。金の問題じゃねーよ。
――つまり、「いただきます」を言わない人は、道徳心が大幅に欠如しているか金に対して猛烈に汚いか、のどちらかの可能性があります。引かれますし引きますし、お互い付き合ってもロクなことがありません。

2.テーブルに肘をついて食事をする


「食事中に肘をつくな!」と、幼いころ大人に叱られたことがある人は多いと思います。筆者もそのひとりなので、今でも(相当酔っ払っていない限り)食事中に肘をつくことはありません。

関連記事