着やせと暖かさの両方ゲット! 着膨れしないコートの着こなし術【イラスト】

ついに今年もコートが必要なシーズンに突入! 寒いとついつい厚着して着膨れしがち……。「おしゃれは我慢」とも言いますが着やせしつつ暖かい着こなしをしたいところですよね。
ということで、今回は、コートを着ても着膨れしない方法&スタイル良く見せるためのポイントをいくつか挙げてみたいと思います。

1.厚手のアウターでまず防寒!


言わずもがな、といった感じですが、冬はやっぱり1枚で防寒できる厚手のコートが大本命! 防寒対策は1枚で暖かいコート&首・手首をあたためることから始めましょう。
ムートンやファーコート・ダウンコートなどはかなり暖かいアイテムとして定番ですが、形としては首・手首まできちんと長さがあるものを選ぶのがおすすめ。
袖が短いタイプには、ロングタイプの手袋をして防寒対策を!
首回りがつまったハイネックコートはおしゃれに、ファー襟ならかわいく着こなせます。
素材も大切! 暖かさとクオリティを求めるなら、コートはウール100%のものを、ダウンコートならダウンとフェザーを使ったものを選びましょう。
暖かい厚手のコートが大本命!首・手首などすべての“首”と名のつくパーツをあたためることで体があたたまりやすくなります
暖かい厚手のコートが大本命!
首・手首などすべての“首”と名のつくパーツをあたためることで体があたたまりやすくなります

2.インナーダウンを使う


数年前から種類の増えてきたインナーダウン。薄手なのに軽くて暖かくて、とっても優秀です。薄手のコートと合わせれば真冬でも大活躍!
チェスターコートなどの場合は、外から見えないように配慮されたVネックタイプを合わせてみてくださいね。インナー用としてではなく、アウターとしてきてもオシャレなデザインもあるので使い道に合わせてお好みのデザインを見つけてみましょう。
さっと脱ぎ着できるインナーダウンは、寒い季節の暖房対策にも最適です。
さっと脱ぎ着できるインナーダウンは、寒い季節の暖房対策にも最適です。

3.縦長効果を狙う


ロングネックレスを付けたり、ストールを巻かずにたらしてみたり……。縦長を強調するアイテムを使うと、スタイルをすらっと見せてくれます。

EDITOR

moeoohachi

イラストレーター・デザイナー トータルコーデ(ファッション・ネイル・メイク)をメインに、イラストを描いています

関連記事

今、あなたにオススメ