「彼氏とエッチしたくない」という女子の5つの本音

ここ最近、周囲の女子が口を揃えて、あることをいうのです。それが、「彼氏とエッチしたくない」という一言。彼女たちによれば、自分の周りでもこういった悩みを抱えている女子は少なくないんだとか。なぜ大好きな相手としたくないのでしょうか?

みなさんの中にも、同じ悩みを抱えている人はいませんか? 「彼とエッチしたくない」。そこにはどんな理由があるのか。悩みを抱えているという女子に、話を聞いてみました。

1. そもそも気持ちよくない


・「そもそも彼としても気持ち良いと思えないので、自然と拒否するようになってしまった。自分が拒否するようになったら、向こうも申し訳なさそうに迫ってこなくなったので、半年に1回くらいしかしていません」(26歳女子)
・「付き合ってから1年くらいして、痛いと思うようになってきた。そうすると気持ち良くないし、それを相手に伝えても傷つけると思って……。理由は言わずに『今日は眠いから』とか言って断っています」(27歳)

こんな風に、好きな彼氏だとしても“気持ち良くない”と思っている女子は多い様子。これはお互いの意見を尊重しながら、解決策を考えた方が良いかもしれません。

2. そういうムードにならない


・「もともと会社の同期で、友達からスタートしたので、色気があるムードにならない。一緒にお泊まりしていても、向こうからしようと言われなければ何もないまま寝てしまいます。それが続くと、したいと思えなくなってくる。2カ月に1回くらいの頻度だけど、“でも、まぁいっか”と思ってます」(24歳)

3. めんどくさい


・「毛をそり忘れたとか、下着のこととかを考えるとめんどくさくて、拒否してしまうことが多いです。そもそも、彼氏とそういうことをするのが好きじゃないので。めんどくささの方が上回ってしまう」(24歳)

4. においが嫌になってきた


・「付き合って半年くらいで彼の体臭が気になりだした。初めの頃は本当に盲目的に好きだったので、気にならなかったけど、相手の嫌なところが見えてきてから、においが全体的に無理になってきたんです。相手の汗のにおいとか、脇のにおいとかがいちいち気になってしまって、エッチしたくなくなった」(25歳)

5. 強引にされるので不快


EDITOR

ヤマグチユキコ

20代女子WEBライター。趣味はヨガと将棋と杏仁豆腐作りです!

関連記事