女子が”ラーメン屋デートはない”と思う理由

ラーメン、牛丼、ハンバーガー。一般的に、男性が好むと言われている食べ物です。確かに、ラーメンも牛丼もハンバーガーも、カロリーこそ気になりますが、美味しいですからね。では、男性と二人で食事に入る店として、ラーメン屋や牛丼屋やファーストフードはいかがでしょう?

空腹を満たしたいわけじゃない女心


先日、行きつけのカフェでコーヒーブレイクしている際、隣席のテーブルから、以下のような会話が漏れ聞こえてきました。
女性:「お腹空いてきちゃったからゴハン行こうよ!」
男性:「だったら、すぐ近くに超・美味いラーメン屋があるから行こうぜ!」
女性:「……ラーメン!?」
男性:「もしかしてラーメン、嫌い?」
女性:「いや、嫌いとか、そういうわけじゃないけど……」
隣で聞いている筆者としては、あまりにもじれったいので、割って入りたかったくらいです。
女性側が言わんとしていることは、筆者も同じ女性ですから、よーくわかります。彼女はおそらく、ある程度長居ができて、おしゃべりが楽しめるような雰囲気の飲食店を希望していたのでしょう。「お腹空いてきちゃった」は、決して嘘ではないのでしょうけど、彼女にとっては空腹を満たすことだけでなく、彼とのひとときを楽しむことも重要事項だったはずです。

男性心理は「腹が減っているならラーメン屋へGO!」


対して男性側は、彼女の「お腹空いてきちゃった」を、額面通り受け取ったのでしょう。腹が減っているなら、ラーメンが一番だと。

すぐ近くの美味いラーメン屋を提案した彼は、おそらく女性慣れしていないタイプなのだと想定されます。男性同士だったら、「すぐ近くの超・美味いラーメン屋」でもノープロブレムでしょうからね。

密な付き合いの間柄ならラーメンもアリ


男女間でも、ある程度「密な付き合い方」をしていれば、女性側とてラーメンでもオッケーなんですけどね。筆者も、男性と半同棲していた時期は、ラーメン屋にも行きましたし、牛丼屋にもファーストフード店にも行きましたから。

「食べる」よりも「喋る」がメインの店に行きたい女心


関連記事