嗅覚の記憶は恋愛を左右しやすい!? 匂いや香りを恋愛で活用する方法

「前のカノジョ(カレシ)の使っていた香水の匂いがして、思い出しちゃった……」なんて発言、皆さんもどこかで一度くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。匂いを嗅ぐことにより記憶の“フラッシュバック”を起こす体験は、「プルースト効果」と名付けられていますが、それくらい“嗅覚の記憶”というのは脳の深い部分に根付くと言われています。となれば、恋愛で「匂い」や「香り」を効果的に使わない手はないかも!? 効果的な使い方、NGな使い方を探ってみました。

思い出してもらえる!? 「ご飯の匂い」も強力!?


まずは匂いや香りが“プラス”に効果を発揮したエピソードから。主に以下のような意見が聞かれました。

「時々、いい香りのハンドクリームをつけて彼の手をマッサージしてあげると喜ぶ」
「私のシャンプーの匂いが気に入ったらしく、彼も真似して使うようになった」
「枕やパジャマに好きなアロマをふりかける習慣があって、ベッドがいい匂いがするねと言われた」
「香りの強いお酒を飲んだ後にキスをしたら、いい匂いだとか言っていました(笑)」
「お泊まりに来た際、彼の洗濯物を洗ってあげたら、あとでいい香りだと喜んでいた」
「家で料理をしていたら、彼が帰宅後、『部屋の外からもご飯の匂いがする〜』とうれしそうに言っていた」
など。

これらに共通するのは「リラックス」の要素。睡眠やお風呂、マッサージ、洗濯物、ご飯など、一緒にリラックスする空間に結びついている匂いや香りは喜ばれることが多いようです。仕事に疲れているときは、特にいい匂い・いい香りが心身に染み渡りますよね。「彼女=いい匂い=リラックスできる」と脳に刻みつけられると、無意識に会いたくなる回数が増えるかも!?

要注意点も! 洗濯は分けたほうがいい!?


一方で、恋愛をうまくいかせるにあたっては、気をつけた方がいい点も。例えば「同棲中、一緒に洗濯物を洗うようになったら、服が同じ香りになっていく」なんてこと、ありますよね。しかし匂いが同じになってしまうと、感覚的に相手を“異性”として意識する瞬間が減ってしまい、家族のような存在になりすぎてマンネリ感がうまれる……なんて可能性も出てきます。

関連記事