彼氏がいなくて悪いか! 周囲からのおせっかいを一発で黙らせる最強ワードとは

世間はなにかとおせっかいなもの。
ただ「未婚」であるという状況でも周囲はアレコレうるさいのに、「彼氏ナシ」「恋愛経験ナシ」なんていった日には「ええっ、なんで!? 結婚はともかく彼くらいはいたほうがイイんじゃない?」「今そんなんじゃ一生結婚できないよ」などと口うるさく忠告された経験がある方も多いのではないだろうか?

今回は「未婚彼氏ナシ」状態のあなたでも「周りから文句を言わせないフレーズ」をまとめてみたのでぜひ有効活用して欲しい。

1.「彼氏は欲しいんですけどね、なかなかうまくいかなくて……」と軽く流す


「二次元に恋してる私にとって現実の男なんてめんどうで鬱陶しいだけ。でもさすがにそんなことは言えないから(笑)、『彼氏いないのぉ?』とか言ってくる子たちには『ホント、欲しいんだけどね……あはは~』って軽~く流す。恋愛脳の人にとっては『恋愛したくない』『男そのものが面倒くさい』って考えが理解できないから、一応“彼氏も欲しいし恋はしたいけどなかなかうまくいかない”ってニオわせると攻撃の手が止む(笑)」(20代・総務)

――「本当は~~だけどうまくゆかない」とニオわせる、というのはなかなか上手い方法ではないだろうか。たとえば勤勉な人たちに「仕事なんかしたくない」と言えば「労働は国民の義務!」「働かざる者食うべからず」などと怒られるだろうが、「就職したいんだけどなかなか見つからなくて……」と言い換えれば「ああ、そうなんだ」と気の毒がられたり同情される……といったパターンと近いだろう。たとえ「働きたくなんかない」「恋愛なんて阿呆らしい」と思っていても世間には本心は隠すのが吉、ということだろう。

2.「昔ちょっとイロイロあって……」とにごす


「昔、顔見知りの男性にストーカーじみたことをされて以来、恋愛や男に対しての興味が薄れた。『その年で彼氏も結婚も考えてないの?』な~んて言ってくるオッサンオバサンには、『ちょっと昔、イロイロあって……』ってしんみり言うと、そのあとは勝手に想像してくれるようでそれ以上は聞いてこないし追求されない(笑)。どうせ下衆な想像とかされてるんだろうけど余計なお節介よりはずっとマシ」(30代・薬品)

EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ