料理をすることがストレス解消につながる4つの理由

あなたのストレス解消法はなんですか? 入浴、映画鑑賞、買い物など、それぞれにあると思いますが、「料理」と答える人も少なくないはず。

健康志向が強まり、レシピ本なども多数出版されていることで注目されている手料理。その料理ブームの中で、「正直言って面倒だ」「女子力アピールのためのツールでしょ」などと思っている人もいることでしょう。しかし、実は料理はストレス解消にうってつけ。その驚くべき“効能”をいくつか見ていきましょう。

1.癒しホルモン


よく、ボケ防止の手段としても取り上げられている料理。段取りを考えるのに頭を使うこと、味覚・視覚・嗅覚などの五感をフル活用すること、手先を使うこと、が理由としてあげられます。

何もせずぼーっとして過ごすよりも、適度に体や頭を使って活動している方が気持ちよく過ごせる、というもの。このような活動は脳の血行を活発にし、癒しホルモンであるセロトニンの分泌を促します。ストレスを感じる原因として、興奮作用を持つドーパミンやノルアドレナリンの過剰分泌があげられますが、これらのホルモンの量をコントロールするのがセロトニンの役目なのです。セロトニンの分泌によって興奮が適度に押さえられ、気持ちを落ち着けることができます。

2.「破壊→生産」でスッキリ


スマートフォンでのストレス解消アプリとして、ひたすらお皿を割ったり缶を思い切り蹴飛ばしたりするものがリリースされていますよね。このように、ストレスで何かを壊したいという破壊衝動を感じてしまう方も少なくないはず。画面上だけでは発散しきれない、かといって、身の回りのものを何でもかんでも壊してしまう訳にはいかない…。そんなときは、野菜やお肉、うどん・パンの生地など、食材にエネルギーをぶつけてみましょう!

私の知人の女性は、嫌なことがあった日には帰宅後ひたすら野菜を切り刻み、数日分の総菜を作り置きしてしまうそうです。気分もスッキリする上に発散したエネルギーで食事を作ってしまうとは、まさにストレスの有効活用と言えるでしょう。

3.集中力向上


EDITOR

五百田達成

作家・心理カウンセラー。「コミュニケーション心理」「社会変化と男女関係」をテーマに執筆。著書「察しない男 説明しない女」が30万部超え

関連記事