心をブスにする不機嫌を退治する方法

私はこんなにも頑張っているのに評価されないとか、なかなかモテない、好きな人から好かれなくていやになる……と思っている人はたくさんいると思います。でもその思いが不機嫌な自分となって、あなたの心を席捲しているかもしれません。そうなるとどんなに笑顔を作っても、それは笑顔に見えていないのでは……? あなたを魅力的にするためには、まずあなたの周りの「不機嫌」を退治することから始めましょう。

何も悪いことはしていないのに……ほんとにそう?

 
「何も悪いことはしていない、むしろかなり気を遣っているのに、なんでみんなは距離を置くのだろう?」
――自分では全く心当たりがないのに、距離を置かれてしまう人もなかにはいます。でも本人には理由が見当たりません。しかし、現実に、遊びに誘われなかったり、顔見知りになってもSNSでフォロワーになろうとしてくれない……。それは、あなたの不満が雰囲気や顔、態度に表れているからかもしれません。「何も悪いことはしていない」のではなく、すでに「なんとなく面倒を運んできそう」とか「一緒にいると疲れそう」と感じさせるわけです。

一度悪循環が始まるといつまでも堂々巡りになる


百歩譲ってあなたが何も悪いことはしていないとします。それなのにもかかわらず、なんとなく周りとの関係に不穏な空気を感じたとしたら、そこであなたは「おや?」と思うはず。その一瞬からすでに疑心暗鬼な気持ちや、不安感が生まれ始めているのですよね。顔では平気そうに見せていても、すでにネガティブオーラが出始めているのです。

するとやはり相手はあなたのネガティブオーラを感じ取って、本当に距離を置き始めるはずです。それを見てあなたもますます不機嫌が強まり、それを見てまた周りも距離を置く……。こうなってくればどちらが先であろうとも、結果的に関係はただ悪化していくばかりですよね? 

自分が思っている以上に顔に出ています


不機嫌さは、あなたが思っている以上に顔に出ているもの。それはなぜなら、あなたの深層に「どうして私の良さがわからないの?」という気持ちがあるからです。そしてこれは裏を返すと、「私の良さをわかって!」と訴えているのですよね。言葉では「全然平気」と言っていても、「平気なわけないじゃない、そこに気がついてよ」と思っている。気がついてほしいから、あえて顔に出しているのです。女性は特に、察してほしいという気持ちが強いですから、直接口に出さず、態度や表情で表現したがり。それもまた、みんなには回りくどく感じてしまうのかもしれません。

関連記事