「あ、もう潮時かな」男が不倫を止めようと思った瞬間3選

「もう、そろそろ潮時だな……」
たとえ激しく愛し合った仲だとしても、男女のどちらかがふとそう思ってしまう瞬間というのは必ずあるもの。けれどそれが独身者同士の恋愛ではなく、“不倫”という形をとっていた場合、「潮時サイン」はどう訪れるのだろうか?

今回は「不倫してた男性が“この女とはもう終わり”」と感じた瞬間を集めてみたので、既婚者と恋愛していないという方でも興味本位でのぞいてみて欲しい。

1.結婚or妻との離婚をせがまれるようになったとき


・「最初“結婚してるのなんてわかってるよ、私だってそこまでバカじゃないし!”とか言ってた子ほど、あとで『……こんなのもうヤダ、奥さんと別れて私と結婚してよ!』とか言ってくるのはどうしてなんだろう? そうなったら俺の中ではもうアウト! 変な定義かもしれないけど、不倫には不倫なりのルールがある。それを破る子とは付き合い続けられません」(40代・芸能)

――男性が「浮気はやめよう」と決意した瞬間ナンバーワンがこちら。「不倫にだってそれなりのルールがある」というのはけっこう重い言葉である。ルールの中身は人によって異なるだろうが、“互いの家族を巻き込まない”などというのはどのカップルも採用しそうな「基本原則」ではないだろうか?
独身者同士の恋愛だろうが、既婚者との恋だろうが、最低限の一線を越えてしまう女子には必ずペナルティがやってくるのだ。

2.ぶっちゃけ、セックスに「飽きた」とき


「”奥さんがいるのになんでほかの女と付き合ってるの?”って言われたら、やっぱり『妻では味わえない新鮮な刺激が欲しいから』だと思います。もちろん体の面も含めて(笑)。だから彼女と寝ても『なんかもう慣れちゃったよなあ~』って感じたらそれが潮時。他のことは基本妻で用が足りてるしね」(30代・証券会社)

――「ほかの男性とじゃ満たされない」……いわば“精神的満足”を求めて既婚者との恋に走る女とは異なり、男はやっぱり「鮮烈な肉体の魅力」を求めて浮気するもの。だからベッドの上での行為に「そろそろ飽きたな~」と彼が感じれば「別れのサイン」にもつながるのだ。

関連記事