飲み会で好きな男性にだけ好印象を残すテクニック5つ

今回のテーマは、「大勢の飲み会で好きな男性にだけ好印象を持たせるテクニック」です。なんとも下心があるテーマではありますが、実践向きのコンテンツでお送りしたいと思います!

というのも、年末になると大人数の飲み会に参加する機会も増えてきますよね。なかには、「気になっているあの人と同席かぁ、冷や汗かいてきた!」、なんて女子もいるかと思います。しかし、自分以外の女性も参加する飲み会の席で、どうやったら違和感なく意中の相手に“だけ”好意を伝えられるのでしょうか? 別に、男性全員に色目を使いたいわけじゃないんですわ……。

「他の女性の目が気になって、人前では、見えすいたアピールはしづらい」……だと? ノンノン! そんなこと言っている場合ではありません! 5つのポイントに絞って、“他の女子がやってたらあざとくてちょっとイラッとする”感じの、実践的な手法を考えてみたいと思います。信じるか信じないかは、アナタ次第です……。

ガチ感を出さずに気軽に褒める


まず、奥手女子は「好きな人に好意を伝える」ことが苦手ですよね。だから「奥手」なわけですが。そういう子は、「あの人が好き」だという事実に怯んでしまい、どうでもいい男性にはサラッと言えることが言えなくなってしまうのです。しかし、それではよっぽどカワイイ子でない限り、進展しません。

ガチ感を出さずに、「今日の髪型かっこいいですね!」「あれ、なんか今日いつもと違う! いい意味で(ハート)」「なんかいい匂いするね〜いいなぁ」「あ、前髪かわいい〜(→適当)」。はい、この程度のことでいいので気軽に褒めてみましょう。話はそれからだ!

微笑んで手を振る(意味もなく)


次にこれ。よく合コン必勝法などに書いてあるコレです。「必勝法とか、くだらんこというな!」とか「実際にやる女はイタい」とか思っていませんか? そうです、イタいんです。でも、意中の男性を捕まえたいならそのくらいやっていいんですよ(ちなみに私はできませんが)。

関連記事