「失敗したらどうしよう…」ネガティブ思考から脱出する方法

「こんなにも努力しているのに、なぜ報われないのだろう?」と思うことはよくあるはず。でも努力よりも圧倒的に強いエネルギーを持つのは「想像力」だって知っていましたか? 何ごとも本気で成就させたいなら、努力の前にまず想像力をコントロールすればいいのです。

1.努力逆転の法則とは


「努力逆転の法則」とは、フランスの薬剤師、エミール・クーエが発見したもの。努力しても報われないのは、努力すればするほど反対の結果ばかり想像し、結果は想像したとおりになりやすいという法則です。たとえば、落ちそうだと思うから落ちる、行っちゃダメだと思う方にばかり行ってしまう。こういうことってありますよね? 注意しようと思うと、そのために努力が働きます。でもその意思と努力は常に、「悪い結果にならないために」そちらにばかり意識そのものが働いているわけです。エネルギーは想像したほうに蓄えられていく。そして現実は必ずエネルギーの強いほうに動くというのです。

2.想像力というのは自分が思っている以上につきまとってくる


「こうしなければ、望まない結果を生んでしまう」という気持ちは、「だからやらなくちゃ」と強迫観念にとりつかれてしまうとの同じこと。「この試験に合格しなければ、自分の未来が閉ざされる」と思うと、閉ざされた自分の未来ばかり想像してしまいます。でも「努力すれば報われる」というのは、単なる思い込み。そう信じたいだけで、実際ダメな未来が気になって、試験勉強は全く頭に入らないことのほうが多いのですよね。その状態のまま試験当日を迎えれば、ますます「どうしよう」という気持ちは増幅し、試験に集中できなくなります。

3.いいことを想像する癖をつける


希望する結果を想像することが良い結果を導くための最大の方法。好きな人のために料理を勉強したりダイエットをしたりして、満を持して告白をするとき、「もしもフラれたらどうしよう?」とは誰もが思うことです。これまでの努力が走馬灯のように浮かび、告白しフラれてみじめな自分、大事な日にひとりで過ごす自分ばかり想像してしまいがち。そうではなく、その人と成就して街を歩く姿を想像することです。一緒にケーキを食べる姿、素敵なプレゼントをもらう瞬間。さらにハッピーエンドの小説や映画を観ると、イメージしやすくなるのでそれもひとつのトレーニング。ダメな結果を想像する自分と比べて、きっと表情が明るく心も軽やかになっているはずです。

関連記事