女ってめんどくさい! 新・恋愛マウンティング女子のかわし方と対処法

少し前に「マウンティング女子」という言葉が話題となった。いまではもはや一般的な単語になったと言ってもよい。そう、なにかにつけて“アタシの方がアンタより上”アピールをしなければ気が済まない女子のことである。

この「マウンティング女子」、最近巷でますます幅を利かせているらしい。
より巧妙に進化した新・マウンティング女子からは、とくに恋愛面で被害をこうむりたくない人も多いハズ。今回は「恋愛マウンティングしがちな女子」の見抜き方をまとめてみた。イヤ~な気分にならないためにも読み進めていただきたい。

1.やたらと恋愛相談を持ちかけてくる


「ラブラブだったはずの友人のA子が『助けて! 最近彼とぜんぜんうまくいってないの』とイキナリ相談を持ちかけてきた。気の毒だからと時間を作って話を聞いてみたら、あれこれ尋問された挙句、『それなら私の彼のほうがマシかも~(笑)』と言われた。……どうやら相談なんて誘い文句で、私の恋愛情報を仕入れたかっただけなんだと思う。仕事がメチャ忙しい時期なのに、貴重な時間を割くんじゃなかった」(30代・総務)

――お悩み相談に乗っていたハズなのに、いつの間にかコチラ側の恋愛事情だけがすっぱぬかられた……なんて経験をもつあなたは、間違いなく「恋愛マウンティング」の被害者だ。「ねぇ、聞いて聞いて!」なんてフレーズは、あなたから情報を引き出し、優越感に浸るためのエサにすぎない。
被害を受けないためには、なにか聞かれてもプライベートを明かさず「あなたの方はどうなの?」と話の内容を相手中心にすると良いだろう。

2.人の彼氏の年収・職業・偏差値を知りたがる


「同僚のB子は男性を年収と職業でしか判断しない女。今つきあっている彼氏が一部上場企業に勤務してるのがなによりの自慢らしく“友達の彼氏”のランクが知りたくて仕方ないみたい。何かにつけ『あなたの彼ってこの近くに勤めてるの~?』なんて探りを入れ、皆にウザがられても一切お構いなし。他人のSNSやプロフまでガン見してるのには呆れた」(20代・薬剤師)

関連記事