ポリッシュでも簡単に キルティングネイルのやり方【イラスト】

キルティング生地のようなかわいらしいデザインのネイルは、ジェルやアクリルパウダーを使った3Dアートで作るのが普通です。だけどそれらを使わずマニキュアでも簡単にできる方法があるんです! 今回はポリッシュでも簡単にできるキルティングネイルのやり方をご紹介します。


色合いなどでクールにもキュートにも雰囲気がガラッと変わるキルティングですが、基本はダイヤ格子なのでシンプルさがステキ♪

お時間のある時におすすめなのが、ほんのりプクっと立体にするポリッシュ・キルティングネイルのやり方です。
マニキュアを少し厚めに塗るか二度塗りし、半乾きにした後、15cm程度の細長い1本の糸を使用してキルティング部分の線を引いていきます。糸を使えば、簡単で真っ直ぐな線をきれいに引くことができますよ。
糸は太すぎなければなんでもOKです。糸の細さによって仕上がりの雰囲気も変わりますのでお好みでいろいろと試してみてくださいね。
はさんでいる指の方からピンと伸ばしながら、ゆっくりと反対側に向かって真っ直ぐ糸を下ろして跡をつけていきます。親指で挟む方法を描きましたが、自分のやりやすいおさえ方で大丈夫ですよ。
交差場所にブリオンや小さなストーンを置けばエレガンスに。完全に乾いてからトップコートを塗ってください。
やり方自体は難しくありませんが、立体キルティングは乾くまでに時間がかかってしまうので、お暇なときにテレビなどを見ながらやるのがオススメです!

キルティングネイルは平面でもとっても可愛くお洒落に仕上がりますよ。
立体のやり方ができない時にはぜひ、こちらの方法でやってみてください。
立体、平面どちらもオススメのキルティング風ネイル。マニキュアでも試せるので、セルフネイルを行っている方はぜひ試してみてくださいね。
(秋花)

EDITOR

秋花

イラストレーター・クリエイター 海底、女性、動物等がモチーフのイラストを描いています。アクセサリーやお菓子作り、ネイルなどの趣味を楽しんでいます

関連記事