傷つくだけ!? バツイチ彼氏との恋愛が終わりやすい理由

どうもこんにちは、まだバツのついていない(?)ゲイライター、渋谷アシルです。

最近、バツイチ男性がモテる、なんて風潮がありますよね。確かに、これまで誰とも付き合った経験がない男性と、離婚経験がある男性とだったら、後者の方が「一度は誰かに選ばれた魅力」があるというもの。しかも、なんとなくちょっと陰があったりしてカッコ良いのよね……。
って、思っちゃう女子のみなさま、要注意です! バツイチ男性との交際を考えているあなた、あるいはすでにお付き合いしているあなた、今回の記事を読んでよ~く考えてみて!

バツイチ男性は結婚願望がない!?


バツイチ男性の多くは、基本的にそう簡単に再婚しようとはしません。なぜなら離婚であらゆる痛手を負っているから。世間体、金銭面、心身のストレス、時間的拘束……。それが離婚の代償だということはわかっていても、そうそう納得できるものではないわよね。となると、「またすぐに結婚しよう」なんてモチベーションを持てる単純な人はなかなかいないというわけ。

じゃあ、どうして付き合うのか。それはただ寂しいから。結婚を考えていないとしても、やっぱり女の子とは付き合いたい。純粋な欲求よね。バツイチ男性だって、恋愛する権利はあるし。

だけど、そこを理解していないと、散々引っ張られた挙句、「オレ、結婚する気ないんだよね……」なんて、死の宣告をされてしまうおそれがあるんです。「いつかきっと結婚してくれる」なんて夢を見続けた結果、適齢期を過ぎた頃に捨てられる。なんて悲惨な結末なんでしょう。おそろしいわね。

振り回されたくなければ冷静な判断を


ぼくの友人にも、バツイチ男性に弄ばれてしまった子がいます。その子はとっても真面目な女の子で、相手がバツイチだとわかった瞬間から、デートのお誘いは断り続けていたの。それでも、男性側はめげない。何度も何度も誘ってくる。結果、少しずつその男性に傾いていった真面目女子。彼に夢中になるのも、あっという間だったわ。

EDITOR

渋谷アシル

昼間は会社員の仮面をかぶった、謎のゲイライター。これまでお付き合いしてきたオトコをネタに原稿を執筆する、陰険な性格がチャームポイント

関連記事

今、あなたにオススメ