交際が長続きしない人の傾向って? 短命恋愛から卒業するコツ

発言小町に、「恋愛を長続きさせる為には?」という投稿が寄せられました。

トピ主さんは29歳女性。今まで5人ほどの男性と交際してきましたが、関係が長く続かないことに悩んでいます。最近も2カ月で別れてしまい、「ここまで来ると、自分に何か大きな欠陥があるのだろう」と猛省の日々。「付き合いたいと思わせることはできても、付き合ってみると面白みがないと思われるタイプなのでは……」と自己分析しています。「長続きさせるために、皆さんはどんなことに気をつけていますか?」と問いかけました。

主体性がなさすぎて、退屈してしまうのかも


投稿によれば、これまでの恋愛ではふられたことも、自分からお別れしたこともあるとのこと。ふられたときは、すべて「他に好きな人ができた」という理由を告げられたそうです。別れ際に「私に何か悪かったところがあったのか」と聞いても、元彼たちは「特にない」と答えたといいます。

長続きしないのは、「恋人がいても、すぐ他に好きな人ができるような“熱しやすく冷めやすい”男性」ばかりと付き合っているから――という理由も考えられますが、5回も同じような恋愛が続いたことで、「自分のほうにも原因があるのでは?」と悩んでしまうお気持ちもよくわかります。

一般的に、長続きしない交際を繰り返す人には、以下のような傾向があるように思います。
<1>主体性がなく、意思を感じられない態度が多い
<2>交際が始まると、恋愛にのめり込んでしまい、“彼一色”になってしまう
<3>「愛されていない」と感じると、不安定・ヒステリーになってしまう

まずは<1>から。トピ主さんはご自身やその恋愛について、こんな分析をしています。「来る者拒まず去る者追わず、な性格」「一目惚れやビビッと来るといった感覚を経験したことはない」「自分から誰かを好きになった経験がないため直感を信じるといったこともできず、今回もグズグズとしている」

これらの記述から推測するに、トピ主さんはかなり受け身な性格のようです。恋愛において、そうした性格はプラスにもマイナスにも働くことがあります。「特に美人というわけではないが、比較的男性受けの良い見た目はしている」というトピ主さん。外見がかわいらしく、でも自分からは言い寄らない控えめな態度は、男性の“狩猟本能”を刺激し、アプローチを受けやすいのではないかと想像します。それはプラスですよね。

EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ