女ってワケがわからない! 男性には理解不能な女性の日常行動

「ん? どうしたの? なんかヘンな顔して~」
「……いや、何でもない」

あなたにとってはごく当たり前のことなのに、彼氏、あるいは男性から怪訝な顔をされた……なんてことはないだろうか?

男女の違いは数多くある。
今回は「男の目から見た、わけのわからない女の行為」を集めてみたので、性差のフシギについて思いを馳せてみてほしい。

1.注文が終わったあともメニューを見てる


・「俺の彼女だけかもしれないけど、飲食店で注文を済ませたあともメニューをじーっと見てる。それこそ隅から隅まで……。『どうしたの? 他にも何か食べたいの?』って聞いても『ううん、別に~』としか言わない。オーダーが気に入らなかったのかとビビるから、止めてほしい(笑)」(20代・企画営業)

――これは女子にとっては「あるあるネタ」ではないだろうか。女は「比較検討」が大好きな生き物。たとえ選び終わったあとでも、「ほかにどんなモノがあったのかな~」とつい知りたくなったり、よそのものを確認したがったりするのである。
男性はあまりこの手のことをしない。彼らは「決めるまで」は情報を探すだろうが、「決めたあと」はもう後ろを振り返ったりはしない。
恋愛や恋人選びもそれと同じこと。「ホントにこの人でいいのかな~?」といつまでも迷うのは、女のほうである。

2.友達の相談に乗る


・「会社の女子社員とか見てると、しょっちゅう相談にのりあっているけど、男の目からみるとかなり意味不明。職場の同僚にプライベートなことを漏らしたら、なにかと面倒なことになりそうだし、もうオトナなんだから自分のトラブルは自分で解決しろよって思う。アドバイスする方も『他人のこと気遣える優しい私』に酔ってるだけなんじゃないの~?」(30代・IT関連)

――この回答は“職場バージョン”のものだが、「彼女がしょっちゅう女友達のことで悩んでいるのが謎」という声もあった。
つまりある種の男性にとっては、「やたら相談ごとを持ちかけられて他人のことで頭を悩ます」こと自体が不可解なのだ。

EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ