なかなか洋服が捨てられない…女子が心得るべき断捨実践術

12月も後半に入り、いよいよ年末へ。やり残したことは多くても、大掃除だけはきっちりやりたい。毎年、気合だけは十分なのに途中で挫折して「まぁ、このくらいでいいか」と、結局間に合わないパターンを繰り返してしまう筆者。
今年こそはと、お片づけの極意(加えてできれば恋愛運アップの方法)を、やましたひでこ公認・チーフ断捨離トレーナー、南前ひとみさんにお伺いしました。

大掃除、どこから始めればいい?


断捨離では、まずモノの総量を減らすことをおすすめしています。
部屋を見回すと、「自分が管理出来るモノの量より、上回るモノがあっては片付かない」ということに気づくのではないでしょうか?
そこで、もう使わないゴミと思えるものからさくさくと処分していきましょう。引き出し一つ……とか、すぐに簡潔できそうな簡単な所からがおすすめです。

そう言われて見回してみると、もう使わない資料や、また読むかもと思って置いてあった雑誌、可愛いけれどきっと使わないお菓子の空き箱、あ〜、全部ゴミです。猫のひたいほど狭い私の管理能力に見合わないモノ達がいっぱい。まずは「モノが多すぎる」って事実に気づくことが大切なことなんですね。

「なかなか洋服が捨てられません」


自分で自分に質問してみましょう。「その服は、今でも着たいですか?」答えは大抵NOですね。着たいなら、きっと頻繁にに着ているはず。
旬を過ぎたり、本当は似合わないと思っている服ははっきり「着たくない」と知っているのです。そんな自分の気持ちを大切にしてみる。
高かったからとか、まだ着れる……は洋服への執着。
諦めきれないなら、今すぐ着てみて、気分がいいかを確かめてみて下さい。
「今の私が着たくない」服は、「ありがとうとごめんね」を添えて処分してスッキリしましょう。

自分に似合っていない。よく分かっているのですが、その時は何を血迷ったか高額で購入してしまった服……わかっているのに捨てられないんですよね。

EDITOR

ミカマイコ

主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事