今やっても通用しない飲み会でのモテ仕草とは

「女性は飲みの席で『甘いカクテルが飲みたい』といえばモテる」とされた時代も今は昔。常識は刻々と変化します。来たる年末年始のイベントシーズンに向けて、飲み会でのモテふるまいを更新する必要が。これまでモテるとされてきた飲み会の所作のあれこれが、今も通用するのかどうかを分析してみましょう。

甘いカクテルを頼むとモテる?→×


甘いカクテルを頼むのは、単に好きだからというのもあるでしょうが、お酒に弱くて頼んでいるという理由が多いはずです。昨今の男性は、甘いお酒を頼む=かわいこぶっていると解釈する人も少なくありません。ですからもっとストレートに、「私は(アルコール度数が)弱いものにするね」と断ってから、カシスオレンジやサワーなどの甘いお酒を頼んでみましょう。格好つけずに、何がアルコール度数の弱いお酒なのかを、男性側に尋ねてみるのもオススメです。会話のひとつの糸口になりますよ。

逆に、お酒に強いとモテる?→×


いっぽうで、お酒が強ければ好感度が上がるかと言えばそうでもありません。最近、女性に多いのが「酒豪マウンティング」。私、お酒強いです! とアピールしてしまう行為のことです。「お酒強いんですか?」との質問に対して、「つぶれたことないですね……!」などと、強気な返答をするとプライドが高いのかと勘ぐられてしまいます。この時の正解は、「強いか弱いかはわからないんですけど、(お酒は)好きです」。これはお酒に強い人でも弱い人でも使えますし、勝ち気な印象を与えません。場の雰囲気をよくする賢い答え方でしょう。

料理を取り分けると、モテる?→○


いっぽうで、今後も続けていきたいふるまいは、大皿料理のとりわけやお皿の配膳、グラスの空いた人に「何か頼みますか?」と尋ねるといった普通の飲み会マナーを徹底すること。こういった気づかいが飲みの席できる人は、きちんと周りが見える人だと思ってもらえます。もちろん「あ、それぞれで取り分けようよ」と誰かが言い出したら、「ですよねー」と引き下がるべき。しつこくやっていると、アピールと受け取られかねません。

関連記事