恋愛は月収に支配されている? お金と恋愛の関係

あなたの恋愛を支配しているものを述べよ……な~んて言うと、すごくむずかしい大学の小論文の試験みたいですが、誰の恋愛も、月収に支配されています。
月収20万円の人は、20万円にふさわしい人に囲まれて暮らしているので、突飛な人ではなく20万円に見合った人と恋をしているというのが、一般的でしょう。
月収20万円という、少々息苦しい生活をしているなかで、まれに、幼馴染と付き合うことになって、その幼馴染はちょっとした金持ちとなると、周囲は騒然とします。お前だけいい恋愛をしやがって、とか、そんな隠し玉を持っていたの!? みたいに。なるほど、多くの人が、「支配されているもの」から自由になりたいのでしょう。

転落するのも、これまたはやい


あるいは、月収20万円の昼間の仕事をしているOLが、Wワークで夜はキャバ嬢のバイトをしており、総額で40万円の月収だとすれば、40万円にふさわしい男が寄ってきます。
若い女子で月収40万円といえば「かなり稼いでいるほう」なので、ちょっとばかり稼ぎのいい男に見初められて……ということになったりします(が、転落するのも、これまたはやい)。
若い男子で言えば、ざっくりと300万円くらいの年収が平均らしいので、これまたざっくりと手取りで20万円くらいの月収です。昨今の若い草食系男子は、20万円しかなかったら、恋愛どころではないし、車だって買わないし……ということでしょう。

話が飛ぶようですが


話が飛ぶようですが、若い男子の車離れについて、車業界に40年以上いる人の話を紹介したいと思います。
若い男子は、スマホに金がかかる、車よりゲームに楽しさを見出している、一極集中ではなく趣味嗜好が分散しているので、車だけを見ない……いろんな「分かったような」世論がありますが、お話をお聞きした人は「どうであっても、お金があれば若い人は車を買うよ」と言います。
そこには、理屈では割り切れない「世の中の風潮」の問題があります。日本がもっと景気がいいころは、20歳を過ぎたら車を買うということが「なんとなくの常識」だったそうです。

関連記事