女子の最強モテ色! 飲み会・合コンでは“アノ色”を身につけるべし!

年末年始は忘年会、新年会、同窓会やパーティなども多く行われるシーズン。寒い日が続きますが、出会いを探している人は積極的に出かけたいところですよね。出会いの期待がある日の洋服に悩んだら、ぜひチョイスして欲しい色が。それはズバリ、「赤色」です!

女子の恋愛最強色は「赤」! その理由は!?


なぜ赤色がいいのか。心理学博士の妹尾武治さんは、著書で以下のような理由を挙げています(参考:『脳がシビれる心理学』 妹尾武治著 実業之日本社)。

赤色の持つ心理的効果


(1)赤い服を着ている女性は魅力的に見えやすい。ある女性の魅力の評定を行った実験で、男性から最高得点が付けられたのは、背景色が「赤」の時だった。尚、男女逆の場合はそのような違いが見られなかった(2008年、米・ロチェスター大学の実験より)
(2)生物界では、赤色は総じて「生殖可能」のサインとリンクしている
(3)スポーツ選手が赤色を着ると、少しだが確実に「勝率」を上げることができる(2005年、『ネイチャー誌より』)
(4)赤色には、「動いているものを知覚する細胞」の働きを抑制する働きがある(=人に“動き”の判断を鈍らせる)

ストレートに「赤は女性を魅力的に見せる色」という実験結果だけでなく、赤には様々な心理的効果がある模様。「赤は人間にとって特殊な心理反応を引き起こす特別な色」であることは間違いないそうです。たしかに信号の「止まれ」も赤。「SALE」の文字も総じて赤。メイクにも赤は多用されていますよね。3の項目から考えると、赤は「自信や強さを与えてくれる色」でもあり、4 の項目からは「相手の判断を惑わせやすい色」という推測もできそうです。

「白」「ピンク」も人気! 「オレンジ」「イエロー」も話しかけやすいイメージに!


とはいえ、「真っ赤な服は派手すぎる」「似合わない」「私には強すぎる」と感じる人もいるでしょう。1の調査が行われたのはアメリカなので、日本人の感覚とは少し違う部分もあるかもしれません。そこで「赤」の洋服に抵抗があるという場合、「ピンク」や「白」をチョイスするのもおすすめです。

関連記事