男性が「この子はさげまんだ」と思う女子の共通点

世間には2つの人間がいる。そう、「あげまん」と「さげまん」だ……!

かつて、どこかの偉人がこう述べたかどうかは知りませんが、しばしば世間の会話ではこの二項対立が持ち出されますよね。やれやれ、困ったものです。

しかし、だれだって「こいつさげまんだな〜」などと思われたくないわけです! そして男性だって、「俺の彼女さげまんだわ」なんて思いたくありません。無論、自分がうまくいかない理由をすべて身近な女性のせいにするなんてのはもってのほか! とはいっても、「なぜかこの子と一緒になってから運気さがった」と思うことはありそうですよね。

では、男性はどんな女性のことを「この子はさげまんだ」と思うのでしょうか?

1. 一緒にいて、笑顔が減った


まず、「この子と一緒になって笑顔が減ったな」と思う時、さげまん認定されるようです。せっかく楽しく恋愛をしているのなら、2人で一緒に笑顔になりたいもの。でも、なぜか俺、最近笑顔が減ったな……。ふとした瞬間にそれに気づいてしまった時、「あ、俺の彼女さげまんだ」と思うんだとか。

2. 挑戦しようとすると、すべて否定される


続いてこちら。彼氏がなにか新しいことに挑戦しようとするとき、それを否定的に捉えたり、馬鹿にしたり、論破してやめさせようとされること。彼女のこうした態度によって、自尊心が打ち砕かれ、挑戦する機会や意欲を奪われてしまうのです。その結果、なにか仕事がうまくいかなくなった際に、「あの時彼女に否定されたからだ」と思いだすそう。そんな絶望的な状況で、ふと「俺の彼女はさげまんだ」と悟るんだとか。

3. プライドが高く、無駄に張り合ってくる


さらに、プライドが高く無駄に男性に張り合おうとする女性も「さげまん認定」されがち。男性は自分が女性よりもどこかで常に勝っていたいと思うもの。それをすべて片っぱしらから否定する女性の存在は、「この子といると、なんかダメになっていく気がする」「なんかいつも否定してくるし、俺ってそんなにダメな人間なの?」と、彼をマイナス思考にさせてしまうのです。

4. 悲しい時に、もっと悲しい気持ちにさせる


EDITOR

ヤマグチユキコ

20代女子WEBライター。趣味はヨガと将棋と杏仁豆腐作りです!

関連記事

今、あなたにオススメ