エッチの態度でわかる 男性が「本命彼女」にだけしてしまう行為5選

「私って、本命の彼女なのかしら?」「かれはモテるから、きっと他にも女がいるはず」。こんな切ない悩みを抱えている女子、いませんか? モテる男性に憧れて、ようやくカップルになれたは良いものの、こういった不安感から解放されないでいる人は少なくないはずです。

今回は、男性が「本命彼女」にだけしてしまうベッドの中での行為について話を聞いてみました。自分が「本命彼女」なのか気になる女子は、参考にしてみてはいかがでしょうか?

1. する前に彼女の意志を確認する


・「どうでもいい女の子だったら、『とりあえずヤろうよ』という感じで自分がしたいときにする。でも大切な彼女の場合は、その子の体調を考慮するのは当たり前。その日に、本当にしたいのか意志も確認して、向こうに合わせます」(26歳男性・自営業)

2. 自分本意ではなく彼女本意


・「何をするにしても、『これ痛くない?』とか『こっちの方がいい?』とか、その都度確認します。大好きな彼女なので、相手が嫌がることは絶対にしたくない。自分がなにかしたい時は、彼女に確認してからにしています。
クラブで知り合った女子と一回限りという時は、そんなこと考えたこともありません。こういう遊びも、大好きな彼女ができてからはしたいと思わなくなりました。とにかくセックスが健全で、愛があるものになったと思う」(28歳男性・マスコミ)

3. 行為中に何度も名前を呼ぶ


・「好きな子の名前は自然と何度も呼んでしまいます。『かわいいね』とか『好きだよ』とかいう代わりに、名前を呼んでしまうという感じです。逆に彼女も僕の名前をたくさん呼んでくれると愛されているな、という実感がありますね」(25歳男性・IT系)

4. 彼女の目をじっと見つめる


・「僕の場合は本命の子にだけ、目をじっと見つめます。そうじゃない相手は、適当に壁を見たり、時計を見たり(笑)。だから、本命じゃない女子から『○○くんとはエッチ中に目が合わなくて悲しい』と言われたことがあります。後ろめたくて、相手の目が見られないのかもしれないですね(笑)」(28歳男性・広告)

5. 終わった後にしっかりケア


関連記事