スッピンに自信が持てない…濃いメイクをしないと落ち着かない心理

発言小町に、「素顔とのギャップ」という投稿が寄せられました。
トピ主さんは28歳女性。化粧の前後で自分の容姿がかなり違うことに悩んでいます。もともとは地味だそうですが、「20代になりメイクの研究をした頃から、男性の扱いが驚くほど変わって彼氏もできた」とのこと。そのため、「自分のすっぴんに嫌悪感しか持てない」そうです。

現在、お付き合いしたいと思う男性がいますが、「この人も、化粧後の私の顔を見て気に入ってくれてるんだよね」と思うと、「薄いメイク(=本来の自分に近い)を見せたいと思う反面、嫌われたくないと思う気持ちもあり、なかなか現在のメイクをやめられずに悩んでいる」といい、アドバイスを求めました。

メイクは逆に「自信」を奪うこともある!?


今回のお悩みは「メイク」についてですが、「心」の問題が大きく関係しているように感じました。

トピ主さんは「本来の自分のままでは愛されない」という強い思い込みがあるようですね。投稿に記されている「10代の頃、まったくモテずに彼氏もできなかった悲しい過去」が、その思い込みを生み出したと考えられます。

しかし28歳になったトピ主さんには、「本来の自分を見せて、愛されたい」という願望が芽生えてきたようです。「メイクをして愛される満足」を感じられた時期からひとつ先に進み、「素の自分」に向き合いたい気持ちが出てきたとも推測できます。しかしながら、まだ「メイクをしていない自分」には自信を持つことができない。メイクはある種、“精神安定剤”のような役割も果たしていて、トピ主さんの自信のない気持ちをカバーしてくれているのでしょう。

「容姿へのこだわり」と「女性の心理」には深い関連があると考えられており、多くの学者が研究をしています。「内向的な女性ほど、化粧が派手になる傾向があり、化粧をすると他人に対して積極的な行動をとるようになる」といったことや、近いテーマで整形などに関しても、「整形手術をすると、自分の不完全さが一層気になるようになり、かえって自己否定感が強まって自信を失う人も多い」といった調査結果が発表されています。

EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事