「結婚がゴール」でなければ「なにがゴールなのか」について

誰もが知っているように、今や3組に1組の夫婦は離婚しているので、多くの人は結婚がゴールなんてことを、頭から信じていないのかもしれません。
それでも、結婚に淡い期待を抱いて結婚する(あるいは結婚したいと渇望する)……それって、とっても自然なことじゃない?
こう思う女子も大勢いることでしょう。

結婚がゴールでなければ……


結婚がゴールでなければ、なにがゴールなのか?
そもそも人生にゴールなんてない、と言っている識者がいます。非常に常識的な見解だと思ったので、ここに紹介しました。
よく言われるように(そしていまさらここに書くまでもないことだと思えてくるように)、結婚とは、ふたりでなにかを築き上げるスタート地点でありも、それは同時にゴール地点でもあるのでしょう。
仕事が死ぬほどつまらなくて、とにかく結婚したいと思って結婚した女子にとっても、結婚とは「仕事が死ぬほどつまらなかった人生」の終点であり、同時に「新しい誰かと、新しい人生を作っていく」スタート地点ですよね。
だから「結婚はゴール」という考え方だけでは「足らない」ということですよね。

もしも人生にゴールがあるとすれば


もしも人生にゴールがあるとすれば、それは(これまた言うまでもないことですが)死がゴールなのかもしれません。
朝起きたときに「今日も死に向かって歩く1日が始まった」とは、誰も思わないのかもしれません。よほどの大病をした人でもないと、こんなこと、思わないですよね、ふつうは。
でも、誰の人生にも平等にやってくる「そのとき」に向けて、人は等しく時を刻むものです。

死がゴールだとすれば


結婚はゴールではなく、ほんの始まりにすぎず、死がゴールだとすれば、結婚はしてもしなくてもいいものであり、とにかく最期の瞬間に、生きていてよかったと思えるような生き方をすればそれでOKということも言えます。
ただし、死という、とうてい受け入れがたい事実を、ひとりではなく、愛する誰かと受け止めたほうが、人生は「ちょっとは楽」であり、「ちょっとは豊か」なのも、きっと事実でしょう。

関連記事