恋と疎遠になるのは欲望がないから? 「枯れる女」になってしまうメカニズム【漫画】



「欲望とは、それを目にしたときに生まれるものである」
誰が書いていたかは定かではないのですが、過去に読んで心に残った言葉です。この説によると、欲望とは決して心やカラダの内側から自然にわき上がってくるものではなく、何かに触発されて生まれるものであるらしいのです。

なるほどと思いました。
確かに認識していないものに対して、欲望を抱くことはできません。たとえばパフェを見たことがない人は、パフェを食べたいと思うことはないでしょう。「このスカートが欲しい!」という欲望は、それを目にして初めて湧いてきます。女性のヌードを何十年も撮っている知り合いの写真家さんは、こんなことを言っていました。「ものすごい田舎に育ったので、子供の頃、若い女の人を見る機会がなかった。だから初めて若い女性を見たときの衝撃はすごかった。それからボクは女性に取り憑かれてしまったんだ」。

わき目もふらず仕事をしていると、肥大するのは食欲や睡眠欲ばかりで、その他諸々に対する欲望は薄れていきます。人間の防衛本能というのはよくできているのか(あるいはそうでないのか)、彼氏と別れたてだったりすると「早く次を見つけなければ!」とやっきにもなりますが、いないことが日常になるとどうとも思わなくなっていきます。そして恋愛欲や美貌欲は頭のすみに押しやられていき、自分の中でそれが当たり前になってしまう。これがいわゆる「枯れている女」ができるメカニズムでしょうか。

恋愛から遠ざかっている状態というのは、望んでそうしているというよりも、気がついたらそうなっているケースがほとんどだと思います。「仕事が忙しく、恋愛をしている余裕がないうちに」「出会いの機会がないうちに」こうなってしまった。元々あまり恋愛体質でない人や、欲望薄めの人がそうなっていることが多いと思うのですが(なぜなら恋愛体質の人は、どんな手を使ってでも相手を確保するので)、枯れている状態というのは実はあまり自覚がなかったりします(趣味等でそこそこ楽しかったりしますからね)。

関連記事