彼氏が悲しむ! 過去の男性遍歴がバレるNG発言

男性とは不思議なもので、彼女にする女性は「純潔でいて欲しいけれど、自分の前でだけはエロくあって欲しい」にもかかわらず「他の男との過去は知りたくないけど、でも気になって聞いてしまう」、「経験員数は少ない方が良いけれど、テクニックがなさすぎるても萎える」といったジレンマを抱えているものです。で、それをやんわりと彼女に押し付けてくるんですよね。

あえて彼女の過去を知り、嫉妬の感情を性的興奮に昇華するというドM男性ならいざ知らず、大抵の場合は女性の過去なんて無かったことにしたいのです。そこで、彼氏を悲しませないために、「過去の男性遍歴がバレるNG発言」について押さえておきましょう! 部屋の壁に貼って予習復習だッ!

1.「言われたことある」


まずはこちら。彼氏から何かを褒められた時に、「それ言われたことある」というのはNGです。男性の中には、「俺が褒めたのに、他の男からも褒められてたんだ」、「俺の気持ちが軽んじられた」と受け取る人もいるのです。これまで幾度となく言われたことであったとしても、「嬉しい! それ初めて言われた!」というテンションで、「ありがとう〜」と微笑めばOK。

2.「やったことある」


次にこれ。彼氏と一緒に何かをするとき、「これやったことある〜」という一言です。ゲームやスポーツなどの娯楽一般もそうですが、エッチ中のプレイなどはとくにアウト……!

・「これ前にやったときねぇ」
・「それやられたことあるけど、痛いから嫌い!」
・「このゲームやらされたことある〜」

などは気を付けましょうね。

3.「行ったことある」


続いて、これ。禁句なのが「ここ行ったことある」の一言です。彼氏が探してくれたレストラン、ホテル、旅館、デートスポット……。そんな場所に連れて行ってくれたとき、「はじめてきた」風のテンションで乗り切りましょう。嘘をつきたくない場合は、「お姉ちゃんと行ったことある」「家族で来たことある」といった感じで濁しておきましょう。「元カレと来たよ〜」なんて何も考えずにペラペラ話すと相手は萎えてしまいます。

4.「それ知ってる」


EDITOR

ヤマグチユキコ

20代女子WEBライター。趣味はヨガと将棋と杏仁豆腐作りです!

関連記事

今、あなたにオススメ