略奪恋愛で幸せになるのか? 「成功」と「失敗」の分岐点とは

世間には、さまざまな恋愛のかたちがありますよね。なかには、恋人や家族がいる相手を好きになってしまい、略奪して自分のものにしようとする「略奪恋愛」というパターンも存在します。「絶対に本命彼女から奪い取ってやる」という闘争心がある人もいるかもしれませんが、たいていの場合は「好きになってしまったんだからしょうがない」という、どうしようもない思いが先走ってしまったケースが多いのではないでしょうか?

もちろん、略奪に成功して大好きな相手と順風満帆にいくこともありえます。しかし、「略奪恋愛」が「成功」することは、とても珍しいことです。「略奪」しようとした結果、相手との関係がグチャグチャになり、関係が悪化してしまうリスクは常に付いて回るものです。

そこで今回は、略奪恋愛において、「成功」と「失敗」を分けるものは何なのか? 考えてみましょう。

略奪恋愛における「失敗」とは何か?


最初に検討したいのが、そもそも「失敗」とは何を指すのか? についてです。ひとえに失敗といえど、そこにはいろいろなパターンがあることがわかります。

・本命女性(彼女or奥さん)と別れてくれず、自分を選んでくれなかった
・本命女性と別れてくれず、自分との関係も悪化して絶縁状態になった
・本命女性と別れたにもかかわらず、自分のことを選んでくれなかった
・本命女性に自分の存在がバレて3者の関係が悪化したうえ、自分を選んでくれなかった
・本命女性と別れてくれたが、相手にバレてしまい深い恨みを買った

このように、「失敗」とは「自分を選んでくれなかった」という単純なものではなく、あらゆる状況が想定できるそうです。では、どういった振る舞いによって、これらの「失敗」パターンに陥ってしまうのでしょうか?

「失敗」してしまうダメな振る舞い


「失敗」を導くもっとも大きな要因、それは「誤解」と「期待」です。「誤解」とは、自分の都合のいいように現実を捻じ曲げた解釈のこと。それには次のようなパターンが考えられます。

誤解のパターン


関連記事