髪の乾燥には何が効果的? パサつきを防ぐ乾燥対策乾燥

空気が乾燥するこの時期、お肌だけでなく髪も乾いてまとまらなかったり、パサついたりしていませんか? とはいえ、オイルをつけすぎるとペタンコに(涙)。なるべくなら、この時期でも艶々した髪を目指したい。
……というわけで、今回は、全国各地500店舗以上の美容室で講習を行うYutaka Hairのスタイリスト、メーカーのインストラクターも務める羽田喜一さんに乾燥ヘア対策をお伺いしました!

乾燥ヘア、まず何をしたらいいですか?


正直に言うと、夏の紫外線やカラーやパーマなどケミカルのダメージによって傷んだ髪は残念ながら、カットしなければ治らないんです。ですので、本来は、傷めない技術や知識を持った美容師に、カラー薬剤の選定からデザイン提案までお任せできるのが理想なんですよね。

とはいえ、その美容室がどこまで”髪を傷ませない”ことにこだわっているのか、なかなか判断しづらいですよね。その場合は、スタイリストさんに直接相談してみる。もしくは、最近はホームページにも、傷まないカラー剤やオーガニックシャンプーを使っているなどを明記している美容室も増えてきたので、色々探してみるといいかも知れません。

お店選びの他に、日常でできることはありますか?


髪が乾燥を防ぐには、根本の原因である、活性酸素やアルカリを残さないこと! 簡単に言うと、パーマやカラー、シャンプー・リンスの後に残る髪に悪さをする悪玉が髪の毛を老化させます。ですので、ジメチコンなどのシリコーンが入っていないシャンプーやSODやヘマチン、ポリフェノールなど内容成分に抗酸化成分配合の物や最近注目のフルボ酸(フムスエキス)配合の物などもオススメです。ちょっと面倒かもしれませんが、購入する際にパッケージに書かれた成分をよくチェックしてみましょう。

シャンプーやトリートメントは勿論ですが、水にこだわることで乾燥し易い髪に潤いを与えられるんですよ。保湿効果の高いイオン電解水や炭酸水など髪だけでなく、お肌にも効果的です。炭酸水で顔を洗うモデルさんも多いですが、炭酸水で髪の毛を洗い流しても効果があると思います。

ヘアオイルやクリーム、どう選んだらいいですか?


関連記事