男性にドン引きされている! 片思い女子のアウトな行動

こんにちは、ヤマグチユキコです。今回は、身の回りにいる女性のお悩みに対して、筆者なりの立場から回答してみようじゃないの、という試みです。正しい回答があるわけではなく、“筆者目線で”お答えしますので、あしからず!

さて、お悩みは「片思い女子が男性に重たいアプローチをしてしまう」というものです。
――「自分はいわゆる恋愛体質なのか、顔がタイプだとすぐに好きになってしまいます。相手のことが気になりすぎて、いつも“重い”アプローチをしてしまう癖もあります。

LINEで『こういうのって嫌じゃない?』、『誘ったらウザイかな?』などと送ってしまうんです。今は彼女がいる男の子を好きになってしまって、自分に振り向いてもらえずに困っています」(24歳女性/メーカー勤務)

これは、片思い中の女子にはありがちな“あるある”パターンですよね。この悩みには、色々な問題が詰め込まれているようなので、ひとつずつ考えてみましょう。

1. 顔が好きだとすぐ好きになってしまう


「顔がタイプだと好きになる」というのは、重要な問題ではないと思います。「恋愛体質」だと自覚されているように、視覚情報から“惚れっぽい”タイプなんだと思いますよ。似たようなパターンに、「音楽の趣味が一緒だとすぐ好きになる」とか、「好きな作家が一緒だと好きになる」という人もいますよね。自分なりの「好き」になるスイッチのひとつだと割り切りましょう。

これ自体は悪いことではなくて、“好き”だと“思い込んだ”次の瞬間から、どういった行動を取っているのか、そちらに問題の本質があるような気がします。

2. 重いアプローチをしてしまう


その「次の行動」が“重いアプローチ”なんですよね。LINEで『私ウザくないかな?』などと相手に聞くという振る舞いは、正直それが「ウザイ」と思います。こういった確認をしなくてはならない時点で、お互いの関係性は対等ではないですよね。自分がいつも劣位にいて、そこから“上”にいる男性に執着しているように見受けられます。

EDITOR

ヤマグチユキコ

20代女子WEBライター。趣味はヨガと将棋と杏仁豆腐作りです!

関連記事

今、あなたにオススメ