「飲める女子」「飲めない女子」 男がホントに好むのはどっち?

年も明けて新たな気分で「今年こそは……!」とさまざまな抱負を抱く人も多いことだろう。特に「今年こそ、彼氏を見つけたい!」「恋したい!」と願う女子にとって年初めは勝負どき。
年明けは飲み会や挨拶回りも多く、出会いのチャンスが普段より倍増するからだ。

だが、そんな時気になるのは、「女子の飲みっぷり、男はどう思う?」ではないだろうか?今回は「恋とアルコール」について男性陣に忌憚ない意見を聞かせてもらったので、「新年早々の失敗」を防ぐ手立てとしてほしい。

「飲める女子がイイ派」……「その方が話しかけやすいから!」


・「自分は断然、飲める女の子がイイです! お酒ってリラックス効果もあるから、特に初対面の子と打ち解けるのにすご~く役立つ。合コンとかで最初は緊張してた子が、アルコールがまわるにつれて『実は○○なんですよ~』なんて打ち明けてくれる姿が可愛かったりするし……。アルコールが入ると同じテンションになれるからこそ楽しい! コッチは飲んでいい気分なのに“向こうは素面!”ってなんかバカにされてる感じ(笑)」(30代・営業職)

・「飲み会の席なのに『私飲めないんですうぅ』とか言われると“はぁ? ブスのクセに可愛い子ぶってんじゃねーよ”ってハラが立つ! またそーゆー女に限って、コップに注がれたら意外とグビグビ飲んでたりする(笑)。本当に飲めない体質ならしょうがないけど、『飲めないって言っといた方が好感度あがる』とか思ってる女はシラケるし、コッチからお断りですね」(20代・IT)

……「できれば飲めた方がイイ派」の声がコチラ。「アルコールが入ってるほうが会話が弾む」「飲んでる女性だと声をかけやすい」というごもっともな意見のほかに、「飲めないふり」や「ぶってる女はムカつく!」という意見がかなり多かったのがポイント。男性は案外、女のつまらない小細工をすぐに見抜くもの。
幸い体質に恵まれて「ある程度イケるクチ」ならば、素直に「お酒は好きです」と言ってしまったほうが相手と距離も縮むし、好感度も上がったりするのだ。

「飲めないほうがイイ派」……「飲む女はめんどくさい!」


EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事