「恋か仕事か」なんて考えは古い? 恋をダメにしてしまう働き女子の特徴

「女にとって大事なのは結婚か? 仕事か?」とか「恋か仕事のどちらを取る?」なんて選択を迫られることは近年においてはあまりないのかもしれない。

イマドキは「女としての幸せも手に入れたいし、これまでのキャリアも捨てたくない!」、「いいパートナーと巡りあって早く落ち着いて、さらにキャリアを築くことに専念したい」なんて女性もいることだろう。
しかし、いくら男女平等が騒がれていても、よく直面しがちなのが、こんなひとことではないだろうか?

「女のクセに生意気だ!」
「ど~せ女なんて、結婚だとか出産だとか子供がどうしただとかで、途中で仕事を投げるんだろう~?」

ちょっと仕事に入れ込むとまだこんなバッシングを浴びせられることもあるハズ。今回はそんな「キャリア女子のための恋愛と仕事の両立法」をお送りする。

1.とにかく地道にマジメに仕事をこなす!


・「いくら仕事を頑張ったところで『しょせん女の子』としか思われないウチの職場。いつも真面目にキッチリ業務をこなしていれば、なにか意見を言いたくなるのは当然のことなのに、男性の上司にはいつも『あーはいはい』『ま、考えとく……』みたいな感じで流され曖昧にされることが多く、陰で悔し泣きしたことも……。でもそれでも地道に自分にできることをひとつひとつ頑張っていたら、『○○さんは本当によくやってるよね~』と取引先の人に認められて……今その人と交際中! 神様って本当にいるんだな~と実感!(笑)ちなみに結婚後も仕事は続けるつもりです」(20代・金属メーカー)

――“神様はきっとどこかにいる”という、仕事をがんばる女子が深~く頷きたくなるエピソードがコチラ。「ウチの職場は理解のないアホ上司ばっか、私ばかり損してる!」などと腐ってはいけない。あなたの努力をどこかで見ている人は必ず存在するのだ。キャリアに邁進するとイヤな目にあうこともあるだろうが、仕事をテキトーにするナマケモノ女を男性は決して結婚相手には選ばない。仕事も恋愛も手に入れるには“地味な努力”に尽きるのである。

2.「キャリアウーマン好き男子」を狙う!


EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事