これだけは禁句! 男性を振る時に絶対言ってはいけない断り文句

「君のことが好きなんだ。もし良かったら、付き合って欲しい」
……夢見るようなこんな告白、“されてみたいな~”と願わない女性はいないだろう。

けれど男からの「すべての告白」が嬉しいものとは限らない……。
「ほかに好きな人がいる」だとか、「自分のタイプからかけ離れ過ぎている」だとか「考えぬいたけど、どうしてもこの人とはお付き合いできない……」というパターンだって少なからず存在するハズだ。
だが問題は「断ったそのあと」ではないだろうか?ヘタな断り方をしてしまうと、相手の男性を傷つけるばかりか、あなた自身の評判まで最悪に、なんてこともありえるのだ。

今回のコラムでは「付き合えない男性へ絶対使ってはいけない断り文句」を男性側の視点からリサーチしてみたので、「せっかく告白されたけど……ノーサンキューしたい」と困っている女性は役立ててほしい。

1.「生理的にムリ!」


・「ずっと片思いしてた同僚に思い切って告白し『ゴメン、生理的にムリ……』ってバッサリ断られたときほど、ショックだったことはない。自分にもそういう女性がいるから分かるけど、面と向かって何もそこまで言う必要なくない? あれ以来男として完全に自信喪失……。彼女のこと今では恨んでる……好きだったけど、もう顔も見たくない」(30代・匿名希望)

……最近の研究では、女性が「生理的にムリ!」と感じる男性は遺伝子レベルで相性のよくない相手である……という説も言われている。
しかしその一言をそのまま彼に投げつけるのはあまりに酷であり、幼稚で思いやりのない行為である。
「生理的にムリ」……とは「どうみても男として見れない」「本能的にあなたとセックスするのは絶対ムリ!」と言っているのと同じである。
あなたが同じことを気になる男性から告げられたらどう思うだろうか? そのことを想像してみよう

2.「あなたにはもっとイイ人がいるよ」


・「数年来の友人である女友達に告白。そうしたら返ってきたのが『ごめんね』の返事とともに、『○○くんにはもっとイイ人がいるよ』だって……。慰めようとしてくれたのは分かるけど、“もっとイイ人”って何?

関連記事