デブ化をリセット! お湯を注ぐだけの簡単レシピ2選

年末年始の食べすぎ飲み過ぎで、体重がぶくぶくと増加! 
「胃や内臓もなんだか疲れているなぁ〜」なんて女性も多いはず。でも、ダイエットを始めようにも、寒いと動くのが億劫なんですよね〜。
そんなときは、材料を混ぜてお湯を注ぐだけでできる簡単なスープで、体内をリセットするのがおすすめ! 
今回は体の調子を整えて、ダイエット効果も期待できるレシピを2つご紹介します。

胃腸の調子を整えカラダをリセット! 長いもと納豆のスープ


長いもと納豆のスープ
長いもと納豆のスープ

桜海老の香ばしい香りが漂う満足感ある美味しいスープ。
納豆や長いもはお腹にたまるので、朝飲めばお昼までお腹がすく心配もありません。

材料(1人分)


すりおろした長いも 50g
納豆 1パック
桜海老 大さじ1
塩 少々
お湯 1カップ

材料を混ぜたら、お湯を注ぐだけ!

長いもや納豆などに含まれているネバネバ成分のムチンには、胃の粘膜を保護する働きがあります。
また、長いもは消化酵素が豊富で、漢方学でも滋養強壮食品として有名な食材。さらに、納豆に含まれる酵素成分、ナットウキナーゼには、血液をサラサラにして心筋梗塞や動脈硬化を予防する効果やダイエット効果が期待できます。

ダイエット中の強い味方! わかめととろろ昆布のスープ


わかめととろろ昆布のスープ
わかめととろろ昆布のスープ

前日、食べすぎや飲み過ぎで気持ち悪いなんて日にも大活躍。とっても体がスッキリします!

材料(1人分)


わかめ(乾燥) 大さじ1(2g)
とろろ昆布 5g
青のり 小さじ1
白だし(もしくはお醤油) 少々
ごま 少々
お湯 1カップ

材料を混ぜたら、お湯を注ぐだけ!

海藻類は、カリウムやカルシウムなどのミネラルがとっても豊富な食材。食物繊維もとても多いので、便秘解消に適しています。さらにコレステロールを下げる効果が高く、ダイエット効果も期待できます!
海藻類には塩分が含まれているので、白だし(もしくはお醤油)を使うときはなるべく少なめにするのがポイント。


関連記事