早めに言ってよ!? 男性が大事なことをギリギリまで報告しない理由

「もっと早く言ってくれたら良かったのに……!」
こんなふうに思わされることってありますよね。もちろん、言われるのが早かろうと遅かろうと、その内容が変わらないのは百も承知ですが、宣告されるタイミングによって、こちらの心持ちもだいぶ変わってくるものです。

デート開始早々に、「今日はゆっくりできない」ってどうよ?


女友達A子の愚痴です。いや、愚痴だなんて言い方をしたら、A子が可哀想! 筆者が聞く限りでは、A子がそう感じるのも当然と思いました。皆様にも、きっと共感頂けるはず! 先月、彼氏とのデートにて。顔を合わせてから、「ごめん、今日はこの後、男友達と忘年会だから、あまりゆっくりできない」と言われたとのこと。

A子は決して、男友達と忘年会をするなと言っているわけではありません。むしろ、常日頃から、彼氏の交友関係には理解あるタイプでした。しかし、二人きりでゆっくり楽しめると思っていたデート開始早々、「実はこの後に忘年会が……」と言われたことで、一気にテンションが下がったと言います。そりゃ、そうですよね。

お泊まりできないなら、もっと早く言ってほしかった!


A子よりも、もっと悲惨なのがB子です。B子のケースは、彼女の誕生日において。平日で、お互いに明日も仕事が控えている状況とはいえ、誕生日です! 年に1回しかない誕生日です。B子は、当然お泊まりの流れになると思っていました。シティホテルのスイートルームだなんて、多くは望みません。普段のお泊まりデートも、B子の一人暮らしの部屋がメインでしたから(尚、彼氏は実家暮らしとのこと)。

素敵なレストランで食事し、誕生日プレゼントも贈られ、そして店を出た二人。「うちに泊まっていくでしょ?」と、彼氏に寄り添ったB子に対して、返ってきたのは、「明日の会議用の資料を家に置いていることだし、今日は帰るよ」と。会議用資料が置きっぱなしなら、そりゃ仕方ないかもしれませんが……もっと早く言ってほしかったですよね。

デート前にゴチャゴチャ言われたくない男心


関連記事