友達の「紹介」をアテにするのはやめよう 自分が紹介することで出会いがつかめる法則

「誰かいい人紹介してよ~」と言われると、内心「メンドクサイよ~」と思いませんか?
友達に紹介を頼まれたら、内心誰でも大なり小なり煩わしく感じると思います。
紹介するための調整には手間がかかるし、紹介した後にうまくいくとも限りません。そのうえ大切な友達を紹介してボロクソに言われた日には怒りも覚えるでしょう。
めでたくゴールインでもしない限り、紹介した方もされた方も、みんながどこか後味の悪い思いをするリスクがあります。
このように、「友達の紹介」とは結構負担になります。それでも友達を紹介するのは、紹介をしたいと思えるぐらい本当に仲が良いか、はたまたタダのモノ好きかその他特殊な趣味でしょう。
そんなメンドクサイ「友達の紹介」ですが、一度だけではなく、何度も紹介し続けるとなると、話は別です。メンドクサイものから恋を呼び込む素敵なモノへと変わっていきます。

恋センサーを磨くことができる!


友達への紹介を続けることで、客観的に「誰と誰が似合うのか」を考える癖がつき、自分の恋センサーもアップしていきます。紹介してうまくいかなかった方には申し訳ないですが、自分の中で「勝ちパターンと負けパターン」という手ごたえが徐々に掴めるようになってくるのです。
ときには両者の間に立って、恋が成就するようにテコ入れをしないといけない場面も出てくるでしょう。そのような恋のキューピットをした経験は、自分の恋愛でも大いに役立ってきます。当事者になると冷静になれない恋愛ですが、友達の紹介をすることで客観的に学ぶことができるのです。

人脈が広がり、良縁が舞い込む


積極的に紹介をすることで人脈が広がるのは、自分にとって大きな財産になります。しばらく疎遠になっていた過去の友人と再び連絡をとるようになり、そこから自分の恋の話が広がる可能性だってありえます。
素敵な恋人をゲットするためには、言うまでもなく候補となる男性の母数は多いに越したことはありません。紹介をしてもらう立場だと、比較的少数の男性としか知り合うことができません。一方で、紹介をする立場になると、より多くの男性と接触する(しないといけない)機会が増えます。

EDITOR

おーさか ちさ

恋愛・美容・グルメを中心に執筆。ベリーダンサー・講師としても活動中。レストランショーや主催イベントなどで踊っている  

関連記事