結婚前の貯金額、どこまで彼に教えるべき?

「結婚前は、貯金なんてないことにしなさい。男の人ってのは、女の人にお金があると油断するんだから」
――すこし前までは、そんなアドバイスが当たり前でした。
実際、女性の方が収入や資産がある場合「いざとなったら彼女に出してもらえばいいや」と思う男性は、多いもの。ですから「お金はない」ということにしておき、いざという時は出すかもしれない……くらいがよかったというわけ。
しかし、現代はそうとは限りません。アラサーより上の世代で「貯金が全くない」というのは、経済観念を疑われることもあるものです。

堅実で、リスクを嫌うタイプの男性なら「彼女に家計を任せてしまってもいいのか?」と悩むかもしれません。

なぜ、彼はあなたの貯金を知りたがるのか


彼があなたの貯金について質問した場合、あなたのお金を当てにして聞いたというよりも「貯金できるライフスタイルなのか知りたい」という思いを抱えている場合はあると思います。
年収250万で一人暮らしの場合、貯金があまりないというのは理解できるかもしれませんが、800万で貯金がないという場合は「俺一人で、彼女の暮らしを支えられるのか?」と、不安に思ってしまうこともあります。
彼に貯金があるかないか、あなたに貯金があるかないかで変わりますが、それぞれのベストアンサーを解説していきます。

彼の方が、あなたより収入が多い場合


あなたにも、ある程度貯金があるならそのことを告げましょう。
あなたに貯金がないという場合は「今まではなかったけど、あなたと付き合って、ある程度の蓄えは必要だと思った」と、告げ、少しでも貯めようとする姿勢は見せる方がいいでしょう。
彼は、別にあなたのお金を取り上げたいのではありません。「貯金額を通して、彼女の金銭感覚を知りたい」程度の考えなので、そこを安心させられる答えがベストアンサーとなります。

なたの方が、彼より収入が多い場合


あなたに貯金がないなら、そのことを告げ、貯金があるならそのことを申告しましょう。ただ、その時に真面目にそのままの額を伝えてしまうのはちょっと危険。実際の3分の1~半額を申告しましょう。

関連記事