片思いが成就しない人が陥りがちな原因5つ

発言小町に、「片思い続きで反省してます」という投稿が寄せられました。

トピ主さんは25歳女性。今まで10人の男性を好きになってきましたが、自分からデートに誘ったり、告白したりしても空振りが続いていました。現在は同じ部署の先輩に片思いをしていますが、連絡も途絶えがち。誘いのメールもスルーされることが何回かあり、「このまま諦めよう」と思っているとか。

今までの恋愛を振り返ると「自分の至らない点がたくさん見えてきた」とのことで、「これからは至らないところと向き合いつつ、恋愛はお休みしよう」と思っているそう。読者にアドバイスを求めています。

自分のペースで進めすぎ? 片思いが成就しない理由は


1人や2人、片思いが実らないということであれば、「恋愛はお互いの好意が合致しないと始まらないもの」「仕方ない、縁がなかっただけ」などと理解していくのがベストだと思います。ただトピ主さんの場合、10人もの男性への片思いが実らないことが続いている――ということで、もしかしたら、相手選びやアプローチの方法に、何かしら“ネック”になっている部分があるのかもしれません。なかなか片思いが成就しない理由として、考えうる限りで5つピックアップしてみました。

1.「相手の反応やペース」を無視して、恋愛を進めてはいないか
2.「自分を好きになってほしい」と、相手に強制するような態度になっていないか
3.自分の魅力を伝える工夫や努力をしておらず、ただ「好き」という気持ちをぶつけるだけになっていないか
4.「その人が好き」というより、「誰でもいいから相手が欲しい」という雰囲気になっていないか
5.最初からまったく脈のなさそうな男性にばかり、アプローチしてはいないか

まずは1から。自分は相手に恋しているので、早く仲良くなりたい。でも、相手側はそうした前提がないのですから、トピ主さんの好意を受けて自分の状況を見つめたり、気持ちが盛り上がったりするのには時間がかかります。そうした“時間差”をポジティブな心待ちで待てるかどうかは、恋愛成就を分ける重要なポイントです。

EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事