そこまでやったら浮気認定! 男と女で食い違う浮気の定義

「なんで? 浮気したの!? ヒドイ……」
「え、そんなの浮気のうちに入らないだろ。お前こそ、この前……」

男と女で物事の捉え方が違うものは山程あるが「浮気」もそのひとつではないだろうか。
あなたにとっては浮気でも男にとってはそうじゃない、またはその逆に自分にとっては浮気じゃなかったのに彼からすごく責められた……なんてこともあるかもしれない。

今日は男性に「彼女がコレをやったら浮気認定」という行動を答えてもらったので、彼との「食い違い」を避ける手立てにしてほしい。

1.「仕事以外での男との飲み」


・「正直、付き合ってる彼女には他の男とは飲みに行ってほしくない。職場の飲み会ならしょうがないけど、プライベートでオトコと飲みに行く必要なんてないでしょ? 俺という存在がいるのに……。自分の彼女にそんなことされたらキレちゃうかも」(30代・営業)
・「彼女に『昨日男友達と飲んできてさ~』って何気なく言われて『は?』……ってなった。俺の器が小さいのかもしれないけど、それって浮気じゃん? そもそも、彼氏がいるのに男友達って必要なのか?まずはそこから意味不明」(20代・テクニカルサポート)

……「ええっ!? 厳しくない?」と女性達が悲鳴を上げそうな回答がコチラ。昨今ではSNSの発達により、彼氏意外の男性と繋がっている女子や、複数の男性たちと頻繁に交流している女性は多いはず。
けれど、それが酒の席となれば男性は嫉妬深いもの。
“酒の効能”をよーく知っているので、「飲み=恋愛のチャンス」と捉えてしまうことが多いのだ。
また男である彼らは“酒の席で男がどういうことをしたがるのか”をも充分理解している。
だからこそ複数での飲み会ならば許されても「自分以外の男と二人きりで飲む」な~んてことは、彼からの怒りを買うので充分注意しよう。
その場合は他の人を誘ったり第三者を交えたほうが、あとあとも揉めずにすみそうだ。

2.「手をつなぐ・腕を絡める」


EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ