大事なのは”好きの量”よりも相性? 受け身男子を好きになったら…【漫画】



女子の方からデートに誘ったり告白したりするのもそう珍しくない昨今、受け身男子もけっこうな勢いで増えているのではないでしょうか。

テレビを見ていると、出ている人の印象が10年前とはずいぶん変わったなぁと感じます。サッカーでは、あれだけいた茶髪や長髪の俺様タイプはなりをひそめ、黒髪短髪のあまり特徴がない選手がピッチの大半を占めるようになりました。俳優でも、ちょっと前までは木村拓哉や福山雅治のように、見た目は中性的でも中身は男っぽかったりしたものですが、現代のそれは内実一致と言いましょうか。女の子にアプローチして拒否られたら、すぐ手を引いてしまいそうな、そんな『風にゆれる柳』のような男子が増えている気がします。

あなたがもし、そんな受け身男子を好きになってしまったら。

早めの段階で、自分がそのタイプの人とやっていけるのかどうか、見極めた方がいいんじゃないでしょうか。
ここが合わないとずーっと辛い思いをすることになるので。追いかけることや世話を焼くことが好きな人なら問題ないでしょうが、受け身な女子が受け身な男子を好きになってしまったら、かなりしんどいと思います。持てる力をふり絞ってなんとかつき合うことになったとしても、そこで終わりではなく、その先が待っているのですから。

受け身男子のもうひとつ難しいところが、「天然なのか、その状況に対して受け身的にふるまっているのか、よくわからない」というところです。

よく聞くのが、「気になる男性を食事やイベントに誘うと必ず来てくれるし、その場では楽しそうにしている。でも向こうから誘ってきたり、連絡をくれたりということはない」というケース。おそらく相手の女子のことは嫌いではないし、食事するのもやぶさかではないけれど、恋愛感情までは持っていないのでしょう。ただなんとなく心地よい距離感をキープしている、という状態ですね。恋愛に発展する可能性があるのか否かわからず、ヘビの生殺し状態にされている女子も多いのではないでしょうか。

EDITOR

アオノミサコ

イラストレーター/漫画家。美容から神事、ディープスポット巡り等の漫画やコラムを執筆。著書『わがままセラピー入門』(KADOKAWA)

関連記事

今、あなたにオススメ