いくら愛する彼女でも「正直めんどくさいわ」と思ってしまう瞬間

どんなに愛し合っているカップルであっても、ときには相手にマイナスの感情を抱く瞬間があるものです。「カレは私のことが大好きだから大丈夫」、「どんなことだって許してくれるから平気」、「カレは穏やかな人だから全然怒らないんです」。

こんな風に思っている女性ほど、気をつけましょう! 彼氏は表情に出さないだけで、内心「めんどくさいな」と思っているかもしれませんよ。というわけで今回は、たとえ愛する彼女であっても「めんどくさいな」と思ってしまう瞬間について見ていきましょう!

1. 元カレとの比較


どんなに温厚であなたにぞっこんの彼氏だとしても、「元カレ」との比較は必ず世間の男性陣をイラッとさせるようです。たとえば、「今までの彼氏はみんな○○してくれたのに!」、「昔の彼氏はこれも許してくれたよ?」といったセリフはNG。

自分だって、「元カノはみんな優しかったけど、お前は冷たい」とか、「元カノは性格よかったけど、君は性格悪いよね」なんて言われたくないですよね。

2. 理由を言わずに怒り続ける


また、「理由を言わずに怒り続ける」というのも、めんどくさいと思われてしまう振る舞いです。女子は、いじけたり、拗ねたり、怒ったりと忙しいもの。とくに、嫌なことがあったときに理由も言わずにふてくされる人、いませんか?

デート中や食事中に、いきなり無言になって不機嫌モードに突入。彼が「どうしたの?」、「俺なにか悪いことした?」と聞いても「別に……」とエリカ様状態。これでは優しい彼氏もげんなりしてしまいますゾ! そこは可愛らしく「ほろよいエリカ」モードでいきましょう!
 

3. 調子に乗りすぎて自分でできることを頼んでくる


次にこれ。調子に乗りすぎて、「ね〜、アレ取ってきて」、「そこのティッシュ取れなーい」、「パジャマ着替えさせてー」、などなど、「お前自分でできるじゃん! 手を伸ばせよ!」というレベルの頼み事です。

なんでも「可愛いね〜」で済ませてくれる彼氏だとしても、これには嫌気がさしてしまうんだとか。調子に乗りすぎないようにしたいものです。

4. どうでもいい自慢話


EDITOR

ヤマグチユキコ

20代女子WEBライター。趣味はヨガと将棋と杏仁豆腐作りです!

関連記事