好きなのにつらい…苦しい片思いから逃れる方法

誰かを好きになるとその人のことで頭がいっぱいになり、胸がしめつけられる。その苦しさから逃れようともがくほど、ますます苦しみの沼地にはまってしまう……。誰もが一度はあるのではないでしょうか。少しでもこの苦しみを減らすにはどうすれば? 実はそのカギ、「反応しないこと」にありました。

好きだと一喜一憂してしまう……


好きな人がそばにいれば、きっと目で追いかけてしまうでしょうね。そこで視界に飛び込んでくることのすべてに、きっとあなたは反応してしまうはず。「彼が笑顔を向けた先は誰だろう?」「よく話しているあの人とはどんな関係?」といった些細な疑問に始まり、「私にはあんな笑顔を見せたことがない」「私にはその話をしてくれなかった」などなど……気に入らないことばかり。好きだからこそ気になるのですが、それが少しずつちょっとした苦しみを溜めているんですよね。これが反応です。うれしいこともあれば悲しいこともあり、また勝手な思い込みや誰かと比べて不満を持つ。イチイチ反応してしまう。だったら彼を見なければいいのですが、そうはいかないから厄介なのです。

まずは受け止める


冒頭で「反応しないこと」といいましたが、自分の中の感情をなかったことにするのではありません。もしも誰かに嫉妬心を覚えたのなら、その嫉妬心がわいた自分を認めることです。そこにほんのわずかでも気持ちが起こったことは、なしにしてはいけません。それは自分に嘘をつくことだから。「私はあの人に嫉妬した」「彼が笑いかけた相手に腹が立った」と、一度自分で自分に確認をしましょう。

そこでジャッジをしない


受け止めた後にジャッジをするから苦しくなります。彼はあの子には笑いかけたけど、私には同じようにはしてくれない→だから私のほうが負け。というのがジャッジ。勝ったとか負けたとか、どちらが上かを決めるから、自分を追い込むんです。しかも、大半は自分に対してネガティブなジャッジを下しているはず。結果的に「ダメな自分、負けた自分」しかそこにはいません。わざわざ自分にダメ出しをし、そこから繰り出される行動がいわゆる反応です。

無駄な反応をしないためには、瞑想が効果的!?


EDITOR

鈴木ナナ/studio woofoo

お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事

今、あなたにオススメ