さみしい時に送るLINE 「かまって」以外のことば5選【イラスト】

ひとは寂しいとき、誰かにかまってもらいたくなる。LINEを送って返事が来たらうれしい。それが好きな人ならなお良い。というか好きな人にかまってもらいたい。でも「いま何してる?」はうざいかなぁ、「さみしい」は重たいかなぁって、いろいろ考えて結局送れなかったり。寂しい死にしないように、相手に不快に思われないように、送信のレパートリーでも増やしてみようか。

魔法のことば「焼肉食べたい」


お寿司食べたい、でもいい。肉まんがほかほかしてるよ、でもいい。食欲ってのは裏切らない。
おいしそうなご飯の話を「そうだね」とか「わかる」とかすら返してくれない人なんて、私ならいらない。あっちいけ。ウソ、いやだこっちきて。三大欲求は、強いひとのほうがなんか生命力を感じてステキ。直接誘うわけじゃないけど、さりげなく食欲をそそる話で相手をそそのかすのは、良い方法。


夜に送る「おはようございます」


次に送るのは「さみしさに、目覚めました」。うまいことを言おうとしたっていいじゃない。それがあんまりうまくなくたっていいじゃない。重たいよりは面白いほうがいいよ。押し付けるばっかじゃなくて、相手に「くすり」とでも笑いを与えられたら、かまってもらう権利もうまれると思うんだ。


冬に送る「ピクニックいきたい」


「さむいだろ」ってきたら「あっためて」って言えるじゃん。会話って、そういうことじゃん。
相手に求めすぎたり先のことを考えずに話したりするから、シーソーが成り立たなくなって、公園から出て行ってしまうんです。喧嘩や別れって「ねぇもう少しこの公園で遊ぼうよ、ほらブランコもあるよ」って言えなくなった感じ。まだここにいられるはず、こんなこともしようよって言えなくなってしまったらだめ。押し付けたり飽きてしまってはだめ。続けていくには工夫もだいじ。


意味深に送る「話がある」


これはちょっと卑怯だけど。こんなこと言われたら「えっなにどうした」ってなるからさ、そしたら言ってやるんだ。「話がある。あるところにさみしがりやの私がいた話なんだけど」……まぁ内容はなんでもいいんだけど。たまには相手にドキッとしてもらうのもいいのかもしれない。かまってくれないのならちょっとスネてみてもいいのかもしれない。やりすぎると、それはめんどうな女の子になるからご注意を。


最終兵器「新しい下着を買ってみました」


EDITOR

小鳥遊しほ

イラストレーター/フードコーディネーター/モデル 書籍「くまっているのはボクなのに。一問一頭」、連載「小鳥遊しほの旬のお野菜研究所」宝島社mini

関連記事