誕生日を忘れた上に、ひどい言動まで…こんな彼とはもう別れるべき?

発言小町に、「別れを考えるべき?」という投稿が寄せられました。

大学生のトピ主さんは、付き合って半年程度の彼氏に誕生日を忘れられ、それを伝えると「ババァに一歩近づいたな」「トピ主さんの好きな(欲しい)ものが分からない」などと言われたそうです。謝罪はしてもらったものの、その後も繰り返し遅刻をされたり、トピ主さんの私物をバスの中に置いていかれたり。

親友に愚痴を聞いてもらったところ、「別れ」をすすめられてしまいました。トピ主さんは、これらのことが続いて「すごくむなしく悲しくなってしまった」ものの、彼を「優柔不断だけど、知識が広く、いざとなったら頼れる優しい人」だと称し、まだ好きな思いもあるそうです。それでも、「親友の言葉通り別れを考えるべきでしょうか?」と問いかけています。

「むなしい」「悲しい」と感じたのは、不安や不満が原因かも


まず注目したいのは、トピ主さんが今回の件で「悲しさやむなしさを感じた」という点です。誰かに「暴言」「遅刻」「無くし物」といった行為を立て続けにされた場合、通常は「怒る」「幻滅する」「あきれる」といった感情を抱くのが一般的ではないでしょうか。しかし、トピ主さんは「悲しさ」「むなしさ」を感じた。「彼は本当に私を好きなのかなぁ」という不安や、「大切にして欲しいのに、してくれない」と不満が心の底に生まれたからでは――と推測しました。

「誕生日を忘れた」「ひどいことを言われた」点に関しては、一応の謝罪をしてもらったそうですね。言葉尻だけを捉えると、確かにひどい発言です。しかし、もしかしたら彼も誕生日を忘れたことを責められてバツが悪くなり、つい軽口や悪態をついてしまったなんてことも考えられます。二人の普段の関係が良好ならば、納得できるまで怒った上で、しぶしぶでも「まったくしょうがないなぁ」「今度から気をつけてよ」と許せることもあるでしょう。ひとしきりすれば、“笑い話”にもなるかもしれません。

EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ