恋が長続きしない女子に足りないもの4選

あまり聞きなれない言葉に岡目八目(おかめはちもく)という言葉があります。
ことの当事者よりも、第三者のほうが情勢や利害得失などを正しく判断できる、という意味の言葉です。
恋が長続きしない原因は、当の本人より第三者のほうがよく分かっていたりもします。
今回は、恋が長続きしない女子に「足りないもの」を、当事者以外の女子に語っていただきました。
さっそくご紹介しましょう!

1.野生の勘


「恋愛って、結局のところ野生の勘みたいなものがないと、うまくできないのだろうと思います。頭であれこれ考えるクセが強い女子って、恋の寿命が短いのではないかと思うのです」(28歳・ネイリスト)
直感をうまくはたらかせようと思えば、感受性を磨けばいいと言えますが、感受性を磨く方法って、学校や予備校でほとんど教わらなかったので、自分で試行錯誤して磨くしかないのかもしれません。

2.愛ではなく思いやり


「恋が長続きしない女子って、ふたことめには『愛』と言いますが、愛より思いやりが大事だと思います」(27歳・役員秘書)
男が考える愛と、女子が考える愛には、多少の温度差があります。でも思いやりは「人として」ということですから、男女に共通することで、性差を超えて分かり合えますもんね。

3.男研究


「自分にこだわるより、男がなにを考えているのか……つまり男を知ろうとする気持ちがないと、恋は長続きしないでしょう」(25歳・モデル)
恋愛上手な女子から、「ひそかに男性誌を読んで男研究をしている」ということを聞いたことがあります。
恋愛の対象者がなにを考えているのか、なにに興味があるのか? を知ることが、恋を長持ちさせる秘訣でしょう。

4.黙っておく力


「女子どうしのおしゃべりが好きすぎると、恋は長続きしないように思います。女子どうしのおしゃべりは、どこまでいっても『ただのおしゃべり』であって、それは『単なる気休め』でしょう。単なる気休め的な会話ではなく、恋愛において大事なことは『相手を納得・満足させることができる外に開かれた会話』だと思います」(26歳・飲食)

EDITOR

ひとみしょう

作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ