自分から告白しない男子のホンネ4選

意中の彼がなかなか告白してこないとき、その彼は以下のようなことを考えているのかもしれません。
今回は、自分から告白しない男子のホンネに迫ります。
男心を知って、恋をうまく攻略する一助としてみてはいかがでしょうか。
さっそくご紹介しましょう!

1.告白して気まずい空気になるのが怖い


「おなじ会社の女子のことが好きですが、告白して気まずい空気になったらイヤなので、告白できないままです」(25歳・IT)
そもそも「そういう場所」で気になる異性と出会ってしまった、というところに不幸があるのかもしれません。
だからなのか、ある種の人は、近所のカウンター・バーにひとりで行って、そこで恋愛対象者を探すということをしているようです。
出会った場所に規定される幸不幸って、どうしてもありますからね。

2.告白して断られるとつらい


「告白して断られたらつらいので、ぼくからは告白しません」(27歳・商社)
相手からの「NO」を誰よりもたくさんもらうと、誰よりも売れる営業マンになれる、ということを、どこかの営業会社のトップセールスマンが言っていましたが、恋愛もいっぱい告白して、いっぱい「NO」をもらうと、うまくなるのかも?

3.彼氏がいそう


「好きな女子はいますが、美人で彼氏がいそうなので、告白しません」(27歳・通信)
こういうのは「彼氏がいそうだけど、一応好きと言っておこう」と考える男子と、「はなから無理」と考える男子とに二分されるでしょう。
男全員が前者であれば「美人だから彼氏がいそうと言われ続けて、はや20年、あたし40歳で独身です」という美女も救われるかと思いますが……。

4.コストがかかりそう


「女子と付き合うってお金がかかるじゃないですか。だからぼくは自分から告白しません」(28歳・飲食)
女子に好きと言わせると、恋愛の最初から、男のほうが立場が上になったりもしますから、お金のかかりかたがちがってくるのでしょう(か)。けち臭い話ってこと?

EDITOR

ひとみしょう

作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ