突然のLINEブロック! 好きな相手に完全に拒否られたときの対処法

「え、ウソ、なんで彼からブロックされてるの……!?」

……「なんとなく好かれていないのかも」なんて感じるだけならまだマシ。
しかし男性というものは、ある日突然なんの理由も告げず、相手を「拒否る」という“過激な”行動に出たりしないだろうか?

今回は突然のLINEブロックなど、「好きな男性からあからさまに避けられてしまったとき」の対処法をお伝えするので、途方に暮れるまえに読んでみて欲しい。

1.それとなく周囲に探る!


・「それまで毎日のようにLINEのやり取りをしてた彼の連絡がイキナリ途絶えた。数日待ってはみたけど心配になり、『大丈夫?』と送ってみたら、無反応でなんとブロックされていることが分かった! 『え、え、なんで? なんで??』って大パニックになったけど、彼本人には事情を確かめる術がなく、代わりに彼の友人や同僚に聞いてみた。すると、彼は仕事で大きなミスをして、落ち込み、周囲との連絡を絶っていたらしい……。一週間後、『ごめん……もう大丈夫だよ』ってLINEが来たときは本当にほっとしました」(30代・損保)

――「突然連絡が途絶えた」「明らかに拒否された」場合、正面きってその男性に立ち向かうべきではない。「無視してんの?」「どうして?」とやっきになって責めれば責めるほど、男は「うるせえ!」と逃げてゆくものなのだ。事情を知りたくてたまらないときは、彼本人からではなく周囲からそれとな~く彼の状況を探るようにしよう。
男性の“突然の拒絶”はこのケースのように案外「な~んだ」という場合も多かったりもする。その場合ヒステリックな姿を見せてしまっては、なんてことない事態も悪化するだけなのである。

2.LINE以外の他の方面から攻めてみる!


・「理由はまったくわからないけど、気になる人からLINEブロックされたことがあった。『コレって失恋?』と頭の中は真っ白……。もしかして操作ミスかもと思い『なんかLINEできないみたいです~』と軽い感じでメール送ってみたら、それも迷惑メールアドレスになってるのか着信拒否で届かず……。『もうダメ、完全に嫌われた……!』って号泣しまくったけど、諦めたくなかったから最後の手段で思い切って電話してみた。そうしたら出てくれて……。『ごめん、君とのやり取りがあまりにも多くて負担になってた。ちゃんと言わずにごめん……』と謝られた。結局失恋は失恋だったけど、最後にちゃんと理由を知ることができて良かったと思う。私も確かにウザかったなあと今は大反省……次は気をつけよっと」(20代・マスコミ)

EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事